ためしてビックリ!「しば漬けとワインのマリアージュ」アレンジ3品

お家ワインの醍醐味は、何と言っても気軽に楽しめること。ワインはもちろん、おつまみだって肩肘張らずにチョイスすることができます。お家の冷蔵庫や帰宅途中のコンビニで、ちょっと意外なマリアージュ探しをしてみませんか?

今回のご提案は「しば漬け」。キュウリ・ナス・シソを赤梅酢で漬けた、三大漬物の1つ。スーパーやコンビニ、お弁当の付け合せとしてもよく見かける、あの色鮮やかな漬物です。かなり意外な組み合わせに思えますが、実は、シャンパーニュ愛好家の間では、既にこのマリアージュを楽しんでいる方もチラホラいらっしゃるとか。複雑な味わいのシャンパーニュには赤紫蘇の風味が潜んでいて、しば漬けを合わせることで心地よくリンクしてくれます。

そのままカリカリつまむのに飽きてしまったら、ちょい足しアレンジにも挑戦してみましょう。

1品目:しば漬けのブルスケッタ

まず最初は「しば漬けのブルスケッタ」。軽くトーストしたパンやクラッカーに、クリームチーズを薄く塗り、刻んだしば漬けをちょんとのせるだけ。クリーミーな味わいが加わると、しば漬けの味わいもガラリと変化。とっても簡単なのに、並べるとおもてなし風になるのも魅力です。

2品目:キャベツのしば漬け和え

続いては「キャベツのしば漬け和え」。キャベツを一口大にザクザク切り、塩をふって軽くもみます。分量はキャベツ150gに対して、塩小さじ1/2ほどが目安。4~5分置いて出てきた水分をギュッと絞り、刻んだしば漬け30g、カツオ節3g、オリーブオイル大さじ1を和えれば出来上がり。カツオ節の旨みをプラスしたしば漬けは、ちょっとだけ酸が穏やかになります。用意したワインとの酸レベルが合わなかった!という時にも使える、裏ワザレシピです。

3品目:サラダチキンのしば漬けタルタル

最後は「サラダチキンのしば漬けタルタル」。入れ替わりの早いコンビニ惣菜コーナーで、もはや殿堂入りの人気を誇るサラダチキンをアレンジしましょう。

刻んだしば漬け20gにマヨネーズ大さじ1を混ぜ、ソースのように添えるだけ。しば漬けがマヨネーズの臭みを消し、マヨネーズがしば漬けの角を取る相乗効果が素晴らしい仕上がりに。たった2つの材料を混ぜただけとは思えない深みのある味わいには、カジュアルクラスのシャルドネを合わせても楽しいですよ。

カジュアルワインを合わせるなら、ピノ・ノワールやガメイなど、軽やかな赤ワインがピッタリです。ポイントは酸のレベルを合わせること。しば漬けの風味とワインのフレッシュな果実味、爽やかさが同化され、なるほど!と実感できます。同じく同化させるという意味で、甘口ではないロゼワイン、ロゼスパークリングワインもオススメです。こちらはまさにニュアンスのリンク。ロゼには赤紫蘇や梅の風味を感じられる物が多いので、探してみてくださいね。

Santa Ema(サンタ エマ)
【ワイナリーから直輸入】サンタ エマ レセルバ ピノノワール 750ml[チリ/赤ワイン/ミディアムボディ/Winery Direct]
Amazonで見る
ピエール・ルイ・フュイッセ
★破格の格上ヌーヴォー!ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール[2017]ピエール・ルイ・フュイッセ(赤ワイン)[N]
Amazonで見る

ホームページ | ブログ | instagram
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.