初夏の空の上で特別なシャンパーニュ体験ができる!『Art of Champagne』がJAL国際線機内エンターテインメントに期間限定登場

 ワサヴィ株式会社は、シャンパーニュの魅力を余すことなくお届けする動画特化型シャンパーニュ定期購入サービス『Art of Champagne』の映像コンテンツを、20176月~8月の3カ月間、JAL国際線機内エンターテインメントにて提供します。

空の上で極上体験!シャンパーニュ地方の心揺さぶる映像を楽しめる

シャンパーニュを含めワインは、作られた土地や造り手の哲学など、背景について思い巡らすことによって、より楽しむことができる、良い意味で知的なお酒です。実際に現地を訪れることが出来ればそれが一番良いのでしょうが、シャンパーニュ愛好家でも、実際にシャンパーニュ地方に足を運べる方は、そう多くはありません。しかし、どんなに歴史、製法、産地を勉強しても、そこにリアルなイメージが思い描けなければもったいない。そんな思いから『Art of Champagne』は生まれました。

今回は、『Art of Champagne』の企画・プロデュースを行い、現在JALワインアドバイザーを務める大越基裕氏が、より多くの方たちにシャンパーニュのすばらしさを感じてほしいと願い、JAL機内での映像上映を提案し実現しました。『Art of Champagne』のイチオシ動画などを編集して、JAL国際線機内エンターテインメントにて提供され、映像はJAL国際線にて鑑賞できます。シャンパーニュ生産者へのスペシャルインタビュー映像をはじめ、ドローンを活用したシャンパーニュの全17村のグラン・クリュ(特級畑)空撮動画など、目をつぶればシャンパーニュ地方の風景が自然と広がるような心揺さぶる映像をご堪能ください。

映像ストーリーにあったシャンパーニュを味わえる!

 
 

期間中、ビジネス・ファーストクラスでは映像にも登場する生産者Charles Heidsieck(シャルル・エドシック)のシャンパーニュを提供します。生産者のストーリーや想いとともに、実際にそのシャンパーニュを味わうという『Art of Champagne』ならではの醍醐味を楽しんでいただけます。映像を見ながら飲めば、まるでその場所で味わっているような贅沢な体験を味わうことができます。

Charles Heidsieck(シャルル・エドシック)

高品質で贅沢なシャルル・エドシックのシャンパーニュは、1859年のボルドー万国博覧会で金賞を受賞。以降は瞬く間に、世界の王室や宮廷で愛飲されるようになりました。特に英王室との関わりは深く、1981年のチャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚の際には「ロイヤル・ウエディング・キュヴェ」を発表。また、錚々たる著名人が、大切な人をもてなす機会や記念すべき舞台でシャルル・エドシックを信頼し、選んできました。

JAL国際線機内エンターテインメント『Art of Champagne』概要】
・映像コンテンツ名称:アート・オブ・シャンパーニュ~シャンパーニュの全てを知りたい方へ~
・提供期間:20176月~8
・対象路線・クラス:JAL国際線全クラス(一部路線での上映を除く)
Charles Heidsieck(シャルル・エドシック)のシャンパーニュ提供は、ファーストクラス・ビジネスクラス対象となります。

Art of Champagne』について

20171月サービス開始。シャンパーニュとともに映画のようなクオリティの映像とソムリエ監修のガイドブックをお届けする、いままでにない新しい形の定期購入サービス。
シャンパーニュの魅力を余すことなく動画とガイドブックで表現し、そのストーリーにあったシャンパーニュを毎月1回、全7回に渡ってお届けします(先着1,000名様限定)

7本の映像作品は、映画/CM制作の現場で活躍する国内屈指の撮影チームとタッグを組み、業界最先端のスペックを持つ撮影機材を使用し、オールフランスロケで撮影しました。また、ガイドブックについては、土地の魅力から、造り手ごとのブドウの栽培、醸造、熟成まで、ソムリエ自らが現地取材しシャンパーニュのリアルを切り取った7冊のガイドブックという形で編集しました。
ソムリエですらなかなか接することができない、リアルなシャンパーニュ情報をお楽しみいただけます。
URL
http://www.artofwine.jp/?=p

Art of Champagne』映像はこちら>>
(『全17村のグラン・クリュを空から見ると?』)https://youtu.be/909yDtcwq7w

編集部のコメント

 シャンパーニュ好きは必見ですね。映像と共に味わうシャンパーニュはどんな味なのでしょうか。ぜひ体験してみたいですね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.