スイスホテル南海大阪にてシャンパン1杯プレゼント!プレミアム“フライ”デー特別プラン

スイスホテル南海大阪では、4月・5月・6月の「プレミアムフライデー」に、当日限りのお得なサービスとしてお洒落な串揚げが食べられる「シュン」にてシャンパン1杯をプレゼントしています。月末まで頑張った自分へのご褒美としてプチ贅沢を味わって下さい。

「プレミアムフライデー」で予約すると、高級シャンパン1杯プレゼント

旬の食材を薄衣でサクッとあげる創作串揚げが自慢の「シュン」では、プレミアムフライデー実施日のみ、高級シャンパン「ボランジェ スペシャル・キュヴェ」をグラス1杯プレゼントします。ランチ・ディナー共に全メニュー適用ですので昼のちょい飲みに、夜のリッチな乾杯などに是非ご活用ください。

ランチのメニュー例 

プチ ミディ ¥3,500
(アミューズ、前菜、スティックベジタブル、創作串揚げ6 種、〆のお食事、デザート、ドリンク)

レ シュン ¥5,950
(アミューズ、シュン特製パン、スティックベジタブル、創作串揚げ12 種、〆のお食事、デザート、コーヒー又は紅茶)

ディナーのメニュー例

トラディショナル ¥5,750
(アミューズ、シュン特製パン、スティックベジタブル、創作串揚げ7 種 〆のお食事、デザート、コーヒー又は紅茶 )

シュン ¥8,950
(アミューズ、シュン特製パン、スティックベジタブル、創作串揚げ14 種 〆のお食事、デザート、コーヒー又は紅茶)

※上記料金にサービス料10%と消費税を別途加算させていただきます。

開催場所:ワイン&ダイン「シュン」

開催期間:4月28日(金)、5月26日(金)、6月30日(金)

提供時間:11:30 ~ 15:00、17:30 ~ 21:30

内容: ご予約の際「プレミアムフライデー利用」とお伝えいただきますとシャンパン(ボランジェ スペシャル・キュヴェ¥2,300円相当)をお一人様1杯プレゼント。

ご予約・お問い合わせ:06-6646-5122(シュン)

URL:http://www.swissotel-osaka.co.jp/?p=19443

※シャンパンのプレゼントは1名様につき1杯とさせていただきます。

※ご予約時に「プレミアムフライデー利用」の旨をお伝えください。

会社概要

スイスホテル南海大阪は、大阪で最も活気あふれ、ショッピング、娯楽、カルチャー、ビジネスの中心の難波に位置します。スイートルームを含む546室の全客室から市街の素晴らしい眺望をお楽しみいただけます。

地上36階の館内には、イタリア料理、日本料理、中国料理、スポーツバーを含む7つの料飲施設、スパ&フィットネス、18の宴会施設などがございます。関西国際空港から鉄道でダイレクトにアクセス可能な唯一のホテルです。南海なんば駅の真上にそびえ立ち、JR・私鉄・地下鉄各線なんば駅へもすぐの距離にございます。

スイスホテル南海大阪
〒542-0076 大阪市中央区難波5-1-60
HP:www.swissotel-osaka.co.jp
Tel: 06-6646-1111 Fax: 06-6648-0331
Email: osaka@swissotel.com

編集部のコメント

フライに揚げ物をかける、大阪らしいユーモアが面白いですね!ぜひボランジェ スペシャル・キュヴェのプレゼントを味わってみてはいかがですか。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.