ニュージーランド ワイン「クラウディー ベイ」期間限定ラウンジがヒルトン東京お台場にオープン

 

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社は、ニュージーランド ワイン「クラウディー ベイ」のラウンジを2017年5月3日(水)~10月22日(日)の期間限定で「ヒルトン東京お台場」内の「シースケイプ テラス・ダイニング」に開きます。

 

  「Come Sail Away(カム セイル アウェイ)」というコンセプトを体現できる、東京湾の絶景を望みながら、心地の良い風を感じるエレガントな期間限定ラウンジでは、「クラウディー ベイ」のソーヴィニョン ブラン、ペロリュス、ピノ ノワール、シャルドネなどそれぞれのグラスワインと合うスペシャルメニュー約30 品を用意します。創作一品牡蠣の 「国産生牡蠣 いくら丼スタイル」、ショットスタイルでオイスターを楽しむ8種類の 「オイスター クラウディー ベイ 七味添え」など幅広い料理とのペアリングを楽しめます。

ニュージーランドを代表する「クラウディー ベイ」

 

ピュアでありながら果実味溢れる味わいで、ニュージーランド ワインのイメージを一新する1本として、世界中の人々をとりこにしてきました。その洗練された味わいは、より自由で冒険心に満ちた食とライフスタイルの世界へと私たちを解き放ってくれる、生き生きとした魅力があります。「クラウディー ベイ」は、「自然と通じる」、「フォラージュ(食の探検)を楽しむ」、「旅を通じて人や場所を発見する」の3つのテーマで「Come Sail Away(カム セイル アウェイ)」というコンセプトを表現し、2017年は都会にいながらも日常から少し離れて自然とともにワインとフレッシュな食材を楽しむ洗練されたライフスタイル「Simple Luxury(シンプル ラグジュアリー)」を提案します。絶景のオーシャンビューテラスを持つ「ヒルトン東京お台場」とのコラボレーションと、自然・ワイン・美食のトレジャーハントをご体感ください。

クラウディー ベイと楽しむスペシャルオイスターメニュー

クラウディー ベイと楽しむスペシャルオイスターメニューは、約30種類ものメニューを展開いたします。シェフが趣向を凝らした創作牡蠣は焼く・蒸すなどのひと手間を加えた贅沢で個性的な一品メニューです。ソルティードッグやブラッディーマリーなどとともにおしゃれなカクテルのようにあつらえた「飲むスタイル」の牡蠣はショットグラスに入った8種類のフレッシュな生牡蠣は新鮮さを大事に、シェフがその日一番良いものを選りすぐってきたものです。料理は全て、爽やかなニュージーランドのワイン「クラウディー ベイ」とマリアージュするように創られており、お料理との最高のマッチングをお楽しみください。

創作一品牡蠣

いくら丼をイメージした一品牡蠣 「国産生牡蠣 いくら丼スタイル」 や小さなタバスコボトルが可愛らしい 「国産生牡蠣 スチーム トマトカプレーゼ」など、シェフが嗜好を凝らした創作焼き牡蠣(蒸し)など18種類の一品牡蠣をご用意しております。

カクテルオイスター

 

クラウディー ベイのスパークリングワインを凍らせてシャーベットにし、ラズベリーでさっぱりといただく 「オイスタースパークリング ラズベリー添え」を含んだ、人気のカクテル8種類と共に食すショットグラスに入った斬新なカクテルオイスターです。

国産生牡蠣

牡蠣好きにはたまらないフレッシュな牡蠣を、シェフがその日一番美味しいものを選んでご提供いたします。赤ワインヴィネガーなど、お好きな付け合せをコンディメントコーナーから選んでお召し上がりいただけます。

 実施概要
名称:「Come Sail Away(カム セイル アウェイ)」 プロモーション
期間:2017年5月3日(水)~10月22日(日)
内容:クラウディー ベイとのペアリングを楽しむスペシャルメニューのご提供
場所:ヒルトン東京お台場 「シースケイプ テラス・ダイニング」のテラス(東京都港区台場1-9-1ヒルトン東京お台場内 2階)
URL:http://hiltonodaiba.jp/restaurants/seascape
※クラウディー ベイ各種をグラスでもお楽しみいただけます。

オイスターメニューと楽しむクラウディー ベイ

「シースケイプ テラス・ダイニング」ではクラウディー ベイ全ラインナップを、ボトルはもちろん、グラスでもお楽しみいただけます。

ソーヴィニヨン ブラン

¥1,200(Glass)¥7,000(Bottle)
品種:ソーヴィニヨン ブラン
熟成:ステンレスタンクで2ヶ月

世界中が恋した、マールボロ産ソーヴィニヨン ブラン。
パッションフルーツのみずみずしいアロマと、マンダリンオレンジの様な豊かな果実、ハーブや青りんごを思わせる爽快さが衝撃的です。

ピノ ノワール

 

¥1,250(Glass)¥7,500(Bottle)
品種:ピノ ノワール
熟成:フレンチオーク樽で12ヶ月

ダークチェリーやワイルドベリーの果実と野生味溢れるスパイスのアロマがあり、滑らかなタンニンと深みのある味わいが非常にエレガント。
※6月より順次ラベルデザイン切り替え予定

シャルドネ 

 

¥1,200(Glass)¥7,000(Bottle)
品種:シャルドネ
熟成:フレンチオーク樽で12ヶ月

ライムやブラッド オレンジのアロマと、ヌガーやナッツの香ばしさに加えて深いミネラル感が特徴的なクラシックな味わいです。
※6月より順次ラベルデザイン切り替え予定  

ペロリュス

 

¥1,000(Glass)¥7,000(Bottle)
品種:シャルドネ、ピノ ノワール
熟成:フレンチオーク樽で8ヶ月、その後瓶内二次醗酵24ヶ月

伝統的なシャンパーニュ製法で造られたスパークリングワイン。リンゴや柑橘類のみずみずしいアロマが特徴です。ハチミツやブリオッシュを思わせる香りと、クリーミーで複雑な味わいとのバランスが取れた、華やかな風味が感じられます。

テ ココ

¥1,700(Glass)¥10,000(Bottle)
品種:ソーヴィニヨン ブラン
熟成:フレンチオーク樽で2年

小樽で自然発酵・長期熟成させたソーヴィニヨン ブランです。完熟した柑橘類やトロピカルフルーツのアロマとブリュレやキャラメルのようなフレーバーを持つ魅惑的な味わいです。
※6月より順次ラベルデザイン切り替え予定

テ ワヒ

¥2,500(Glass)¥15,000 (Bottle)
品種:ピノ ノワール
熟成:フレンチオーク樽で14ヶ月

マオリ語で「その場所」を意味するテ ワヒ。このピノ ノワールは、テ ワヒが生まれたセントラル オタゴの、まさに「その場所」の風土を表情豊かに体言しています。官能的で甘くリッチなフルーツ。濃縮されたふくよかな味わいと鮮明な酸味、しなやかなタンニンのバランスが素晴らしく、長く続く複雑な余韻が魅惑的なワインです。

クラウディー ベイ 

「クラウディー ベイ」は西オーストラリア州のワイナリー、ケープ メンテルの創始者であるデーヴィッド ホーネンによって1985年に設立され、現在はケープ メンテル、テラザス、シャンドン、ニュートンとともに、モエ ヘネシー エステーツ&ワインズの一員となり、プレミアムワインのスペシャリストとして、ニュージーランド ワインの発展に貢献しています。「クラウディー ベイ」は、ニュージーランド南島の北端、マールボロに最も早く根づいたワイナリーのひとつ。その活き活きとした味わいは、ニュージーランド ワインの世界的地位を高めたとして高く評価されています。海洋性気候に属し、冷涼な気候ながらニュージーランド随一の日照時間を誇る、個性的なワインの産地として知られるマールボロで育まれた、ピュアで果実味あふれる洗練された味わいは、ともすれば難解なものと思われがちなワインの世界を、自由で冒険心に満ちた食とライフスタイルの世界へと解き 放つ、シンプルかつラグジュアリーな魅力にあふれています。1990年よりピノ ノワールのワイン造りに情熱をそそぎ、極めてエレガントなマールボロ地方のピノ ノワールを生み出しました。そして更なる探究心と情熱を持って、ニュージーランドの中でも比較的新しく開拓されたワイン産地として近年注目を集めるセントラル オタゴ(南島の南)にて、新たなるスーパープレミアム ピノ ノワール、テ ワヒを誕生させました。

Come Sail Away (カム セイル アウェイ)

「Come Sail Away (カム セイル アウェイ)」のコンセプトは、マールボロのクラウディー ベイに定期的に行われている「Forage (フォラージュ)」という美食体験がベースになっています。古代、人々は食料を求めて大陸を移動し、ニュージーランドに達した人々はその山海の幸の豊かさに魅了されました。さらに、豊かな土壌と恵まれた風土を持つマールボロの地は上質なワイン作りにぴったりでした。このテロワールの恵みを最大限に楽しむため、クラウディー ベイではこの地で生み出されるワインを、その風土と文化とともに五感で体感する「Forage (フォラージュ)」をスタートするに至りました。その土地ならではの食材とクラウディー ベイのワインとの組み合わせは、お互いがもつアロマや味わいをより引き立て、まるでセイリングをしているようなゆったりと人生を愉しむ時間をもたらします。

 CLOUDY BAY公式ページ

クラウディー ベイ オフィシャルページでは、「Come Sail Away (カム セイル アウェイ)」 のコンセプトを感じていただけるイベントやおすすめのフードペアリングなどの情報を随時お届けしています。

URL: http://mhdkk.com/brands/cloudy_bay/come_sail_away/

編集部のコメント

個性的なワインの産地として知られるニュージーランドのマールボロで作られるワインをぜひ味わってみたいですね。ワイン名にマオリ語を用いるなどユニークな発想も素敵です。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.