ホテルオークラ福岡にてワインの物語の世界に引きこまれる「ワインアカデミー」が開講!

ホテルオークラ福岡のフレンチレストラン ル・シャンドールでは、6ヶ月に渡って行っている「ワインアカデミー」を体験できる「ワインアカデミー体験講座」と「カジュアル・ワインアカデミー」を5月より開催します。

ワインアカデミー体験講座の開講は毎月1回、経験豊富なソムリエにより各回のテーマに沿ったワインを提供します。そして「カジュアル・ワインアカデミー」は毎月1回ランチタイムに開催し、ワインとの関わり方に焦点を当てたテーマ設定で行います。お料理やチーズとワインとの相性もお楽しみください。 

ワインアカデミー体験講座 概要

会場 フレンチレストラン ル・シャンドール(B1F)
料金:各回 1名様 28,000円(ワイン3種・料理2品・チーズ・受講料・サービス料・税込み)
定員:各回12名様 要予約

第1回開催:2017年5月12日(金)19:00~ テーマ「フランス・シャンパーニュ地方
第2回開催:2017年6月9日(金)19:00~ テーマ「フランス・ブルゴーニュ地方
第3回開催:2017年7月21日(金)19:00~ テーマ「フランス・ボルドー地方

カジュアル・ワインアカデミー 概要

会場:フレンチレストラン ル・シャンドール(B1F) 
料金:各回 1名様18,000円(ワイン3種・料理2品・チーズ・受講料・サービス料・税込み)
定員:各回12名様 要予約

第1回開催:2017年5月24日(水)12:00~ 「How to ワインテイスティング
第2回開催:2017年6月21日(水)12:00~ 「世界を代表するブドウ品種
第3回開催:2017年7月12日(水)12:00~ 「料理とワインの楽しいマリアージュ

フレンチレストラン ル・シャンドール

豊かな土壌を連想させる店内のゴールドを基調としたインテリアから、金色の(d’Or)畑(Champ)と名付けました。その名のように、九州の豊穣な土地で育った素材を中心にホテルオークラ伝統の味を守りながら、新たな発想で創るモダンフレンチを提供します。

定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
11:30~14:30(土・日祝のみ)/17:30~21:30
TEL:092-262-1172

ワインアカデミー 概要

ホテルオークラ福岡のワインアカデミーでは、ワインの種類や産地等を覚えていくだけではなく、ワインを楽しみながら数多くのテイスティングを通してワインの本質と楽しみ方を学び、ワインに合わせたオークラの料理とのマリアージュを体験していただくという、国内でも大変ユニークで密度の濃いカリキュラムです。「ベーシッククラス」では、ワインに関する基礎知識、マナー、楽しみ方、料理とのコラボレーション等を体系的に学んでいただき、「アドバンスクラス」では、ワインを造るための"天・地・人"や、ワインの個性としての"香・色・味"の違いを中心とした講義で、ワインの汲めども尽きぬ奥深さを掘り下げます。講師はホテルオークラ福岡のソムリエが担当します。

ホテルオークラ福岡

〒812-0027
福岡県福岡市博多区下川端町3-2 博多リバレイン
TEL:092(262)1111(代)
福岡空港より地下鉄約10分
JR博多駅より地下鉄約5分
「中洲川端」駅直結 (川端口の改札を出て6番出口)

公式ウェブサイトURL:http://www.fuk.hotelokura.co.jp

編集部のコメント

ワインの勉強だけでなくフレンチ料理とワインのマリアージュも楽しめる贅沢なイベントです。カジュアル・ワインアカデミーはお昼に開催ということでお昼にゆっくり時間が取れる方にとって嬉しいですね!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.