アサヒ、青森県産トキりんご100%のスパークリングワイン ニッカ シードル「トキりんご」を期間限定発売

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、青森県産トキりんごを100%使用したスパークリングワイン『ニッカ シードルトキりんご』(びん720ml200ml)を、2017613日(火)から8月末まで、全国において期間限定で発売します。

ときの特徴を生かしたシードルの誕生!

 『ニッカ シードルトキりんご』は、青森県産「トキりんご」のみを使用し、「トキりんご」特有の爽やかな甘みと豊かな香り、ほのかな酸味が味わえる、夏にぴったりなスパークリングワインです。また、アルコール分は3%と飲みやすく仕上げています。

ニッカのシードルとは 

リンゴ栽培の長い歴史のある、フランスやイギリスで古くから愛されているリンゴを原料とする醸造酒。ニッカでは、フランスのシードルを参考に、リンゴを丸ごと丁寧に絞った果汁を使用し、盗塁・香料・着色料無添加の国産リンゴ100%のシードルをつくっています。

ときリンゴとは?

トキは王林とふじの交配で誕生した青森生まれの新しい品種。青森県を代表する黄色りんごで、さわやかな甘みと香りが特長です。2004年に品種登録された、皮は浅黄色、実は淡い黄色。酸味は弱く、コクのあるさわやかな甘みとシャキシャキとした食感が好評です。

【商品概要】

 商品名:ニッカ シードルトキりんご

 品目:果実酒(発泡性)

 発売期間:2017613日(火)から8月末まで

 容器・容量(荷姿):びん720ml/(1箱は12本入):びん200ml1箱は24本入)

 アルコール分:3

 発売地域:全国

 製造工場:ニッカウヰスキー(株)弘前工場

   ブランドサイト:http://www.asahibeer.co.jp/cidre/

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.