「トニーローマ」にて「カリフォルニアワイン バイ・ザ・グラスキャンペーン 2017」がスタート!

「トニーローマ」関東3店舗(六本木店、三番町店、幕張WBG店)では、5月8日(月)から31日(水)の期間中に米国の西海岸カリフォルニアの青い空のもとで健全に完熟したブドウからつくられた「カリフォルニアワイン」をバイ・ザ・グラス(グラス売り)で楽しめる「カリフォルニアワイン バイ・ザ・グラスキャンペーン 2017」を開催します。

「トニーローマ」は、アメリカで最もポピュラーな料理として親しまれているバーベキューリブ(骨付きポーク)をメインに、本場アメリカほか世界31ヶ国に130店舗以上を展開しています。今回のキャンペーンでは、多様な品種の様々な味わいを魅力とする数々のカリフォルニアワインから、5種類をトニーローマが自信を持ってセレクトしました。カリフォルニアワインの果実味あふれる、すっきりとした味わいは、トニーローマの看板メニューであるバーベキューリブの肉の香ばしさ、ソースの甘さとも相性抜群です。

トニーローマ 「カリフォルニアワイン バイ・ザ・グラスキャンペーン 2017」

Pepper Wood Grove Sauvignon Blanc(ペッパー ウッド グローブ ソーヴィニョンブラン)

Glass¥780 Bottle¥3,800
メロン、青リンゴなどの果実香に、 ミントを思わせるハーブの香りで、爽やかな印象、非常に軽快なワイン。

Beringer Founders Estate Chardonnay (ベリンジャー ファウンダースエステート シャルドネ)
Glass¥780 Bottle¥4,500
リンゴや洋梨の爽やかな香りとトロピカルなフレーバー、クリーミーな味わいが融合し、芳醇さと新鮮をバランス良く醸し出しているワイン。

Smoking Loon Sauvignon Blanc(スモーキング ルーン ソーヴィニョンブラン)
Glass¥780 Bottle¥3,800
青リンゴや若いメロンといった味わいとレモンのような清涼感も感じられるフレッシュなワイン。

Quail Creek Merlot(クエイル クリーク メルロー)
Glass¥780 Bottle¥3,800
熟したブラックベリーに赤すぐりのチャーミングなフルーツ感が交じり、ほんのりとオークの香りが混じり、後味はマイルドで柔らかく飲み飽きないワイン。

Blackstone Cabernet Sauvignon(ブラックストーン カベルネソーヴィニヨン)
Glass¥780 Bottle¥3,800
プラムやカシスの凝縮した果実味の香りが感じられ、フレッシュさもある軽めの印象ですが、しっかりしたタンニンと程よい酸味を持ったワイン。

※価格は全て税別価格です。

トニーローマ 店舗概要

札幌時計台前店
北海道札幌市中央区北1条西3丁目3番地 札幌MNビル 1F
011-206-9222

クロスタワーA-BAY青森店
青森県青森市長島1-6-6 クロスタワーA-BAY 2F
017-776-5551

★六本木店
東京都港区六本木5-4-20 ロアビル横
03-3408-2748

★三番町店
東京都千代田区三番町6-4 ラ・メール三番町 1階
03-3222-3440

★幕張WBG店
千葉県千葉市美浜区中瀬2-6 WBGマリブダイニング 3階
043-299-3781

イオンモールKYOTO店
京都府京都市南区西九条鳥居口町1番地 イオンモールKYOTO 1階
075-692-2714

神戸ハーバーランド店
兵庫県神戸市中央区東川崎町1-6-1 神戸ハーバーランドumie モザイク3F
078-366-6601

沖縄美浜店
 沖縄県中頭郡北谷町字美浜8-7
098-982-7800

(★は「カリフォルニアワイン バイ・ザ・グラスキャンペーン 2017」実施店舗です)
http://www.tonyromas.jp/

編集部のコメント

同じアメリカで生まれた料理とワインが日本で共演する珍しい機会ですね。ぜひこの際にカリフォルニアワインの世界を味わってみてはいかがですか。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.