初夏のおいしさをワインと楽しもう!赤ワインと合わせたいカツオのイタリアンポキ

初夏の風物詩といえば、初ガツオ!ということで、今回はカツオを使って、ワインにも合う簡単料理、ポキをご紹介します。

ポキはハワイ料理で、魚の切り身に醤油や油、香味野菜などを混ぜた料理で、最近では色々なバリエーションがあります。今回はオリーブオイルやミニトマト、ルッコラを使ってつくるイタリア風のポキです!初夏のおいしい食べ物をワインと一緒に楽しめます!

材料:2人分

カツオ(刺し身用) 1/2柵(150gくらい)
アボカド 1個
ミニトマト 5個
新玉ねぎ 1/4個
オリーブオイル 小さじ1
醤油 小さじ2
レモン汁 小さじ2
ルッコラ 適量

作り方

【1】カツオ、アボカド、ミニトマトは1~1.5cm角に切る。新玉ねぎは薄切りにする。

【2】【1】とオリーブオイル、醤油、レモン汁を和えてお皿に盛り、ルッコラを散らして完成。

添えるハーブはイタリア風にバジルやセルフィーユなどでもいいのですが、ルッコラとカツオのお刺身がおいしい組み合わせなので、あればぜひルッコラをあわせてみて下さい。

あわせるワインは、カツオのような赤身の刺身に合うような軽めの赤ワインがおすすめです。少し血なまぐささが感じられる場合にはシラー品種の赤ワインもおすすめです。また、南国の料理であるポキにはシャープでキレのあるスパークリングワインなどもすっきり飲めていいですね。

火を使わなくていい和えるだけの簡単おつまみは、暑い季節にも便利です。

ちょっと洋風にお刺身を食べたい、いつもと違ったアレンジでカツオを食べたい…なんてときにも試ししてみて下さいね!

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.