プレミアムフライデー 「TOKYO WINE PARTY」がメディア限定のワインパーティを開催!

ワインを飲むことに加え、「素敵な人々の出会いが生まれる場をつくる」ことを第一の目的にしたTOKYO WINE PARTYはリピーター率が 4~5 割という驚異的な実績があります。そのワインパーティの裏側や社会的背景などの解説、そして珍しいワインのご紹介など、プレミアムフライデーにふさわしい上質な時間をメディア関係者様向けに用意いたします。

株式会社ヴィアッジオが手がけるワインパーティ「TOKYO WINE PARTY」(以下 TWP)がこの度リブランディングをし、装いも新たなリスタートをメディア向けにリブランディングのお披露目を兼ねたワインパーティを実施いたします。

 

2008 年からスタートしたワインパーティは、現 在も月に8~10 回のイベントを開催し、累計来場者はのべ約3万人を超えます。ワインを飲むことに加え、「素敵な人々の出会いが生まれる場をつくる」ことを第一の目的にしたイベントは、他のイベントやパーティにはない「ワインが生み出す華やかさと上質感、そこから生まれる大人の出会い」が体感できます。

プレミアムフライデー TOKYO WINE PARTY

日時:2017.5.26(fri) 18:00-20:00 (17:30open)
場所:TURN harajuku 明治神宮前(原宿)駅より徒歩1分

タイムスケジュール

・17:30 OPEN
スパークリングワインでお出迎え

・18:00 START
乾杯は日本のマーケットではあまり見られないポルトガルやニュージーランドのスパークリングワインを、またお料理に合わせた少し珍しい白ワインや赤ワインを数種類ご用意します。クオリティの高いワインや参加者の皆様との交流をお楽しみください。

・18:45~19:30 SEMINAR
「本邦初 ワインパーティの新ムーブメント」
ビジネススクールで経営戦略の教鞭も執る TWP 代表の戸田が、TWP の概要やリブランディングに込めた思いとともに、リピーター率が 4ー5 割という驚異的な実績を誇るパーティの裏側と社会的背景をマーケターの視点でご説明します。

・20:00 CLOSE

TOKYO WINE PARTY とは

「忙しい社会人が仕事のあとや週末に集まり、ワインや食事を楽しみながら交流ができる場」をコンセプトに、「イタリアンと神の牡蠣を楽しむワイン会」「100 人 BBQ ワイン会」「春のグランピクニック in 代々木公園」「和食とワインの会」「独身ワイン会」など、ワインの知識がない人でも、一人で参加しても十分楽しめるフレンドリーな雰囲気のワインパーティを月間 8~10 回開催。1万人超が登録している日本最大級のワインコミュニティーになりました。「ワインは楽しい、人生も楽しい」ワインと人々の素敵な出会いの場を作っていきます。

参加者データ
年齢:20 代~ 40 代が中心
職業:大企業や外資系の社員、公務員、 経営者、医者、弁護士、会計士などの専門職、ライフスタイル重視の OL の方、秘書・受付、キャリア女性、客室乗務員など。
男女比:若干女性が多め(会により4:6~3:7くらいの比率)

TOKYO WINE PARTY 代表/戸田 輝(とだ あきら)略歴

株式会社ヴィアッジオ代表取締役 戦略コンサルタント。日本ソムリエ協会認定ワイン・エキスパート 。上智大学外国語学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営学修士 (MBA)。伊藤忠商事株式会社、ボストンコンサルティンググループ、グロービスを経て、株式会社ヴィアッジオを創業。 2008 年よりライフワークとして大人の男女が集まるワインパーティを開催。グロービス経営大学院客員准教授、株式会社旅工房 取締役。

今後のPREMIUMFRIDAYワインパーティ

仕事を少し早く切り上げて、いつもとはちょっと違う豊かな時間と出会いをもっと多くの人に。
TWP は毎回一つのテーマを設け、「素敵な出会い」が生まれるワインパーティを開催していきます。

5/26(金)開催の本イベントに関するお問い合わせ
TURN harajuku(担当:杉山)
東京都渋谷区神宮前6-33-14 1F-201
TEL:03-6712-6463
Email:contact@turn.tokyo
URL:http://turn.tokyo/

 

ワインコミュニティー〈TOKYO WINE PARTY〉に関するお問い合わせ
株式会社ヴィアッジオ
東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ1013号室(担当:戸田)
TEL : 080-4296-9393
Email : akira@viaggio.co.jp
URL : http://www.viaggio.co.jp/

編集部のコメント

今回はメディア向けのお披露目会ですが、ぜひそのレポート様子がさらに多くの人を刺激してワインや人の交流できる場へと導きそうですね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.