大使館後援のスペインフェア「Fiesta de Espana」を首都圏10のプリンスホテルで開催!

株式会社プリンスホテルは、2017年4月25日(火)~6月30日(金)に、首都圏10のプリンスホテルで、スペイン大使館後援による「Fiesta de Espana!(フィエスタ デ エスパーニャ)-スペインフェア-」を開催します。

食べることをこよなく愛するスペインの1日5回の食事をとる習慣にあわせ、多彩なレストランメニューをご提供いたし、スペインのミシュラン2ツ星シェフ オスカル・ベラスコ氏の招聘イベント、スペインを代表する民族舞踊 フラメンコのショー、世界一の生産量であるスペイン産オリーブオイルの歴史やテイスティングとお食事を楽しむセミナーイベントも開催します。プリンスホテルは多彩な魅力にあふれた世界の国々の文化を発信するため大使館後援の国際交流を推進しており、スペインフェアは昨春の好評を受け今回で2回目の開催となります。今年は10ホテルに規模を拡大いたしました。

「Fiesta de Espana!(フィエスタ デ エスパーニャ)~スペインフェア~」概要

実施ホテル:
ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町、ザ・プリンス パークタワー東京、ザ・プリンス さくらタワー東京、グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪、東京プリンスホテル、品川プリンスホテル、新宿プリンスホテル、サンシャインシティプリンスホテル、新横浜プリンスホテル

期間:2017年4月25日(火)~6月30日(金)

「1日5食で楽しもう」をテーマにしたメニュー例

朝食の「Desayuno(デサジューノ)」

朝食を簡単にすませるスペインの習慣にならい、スペインの伝統的なパン「エンサイマーダ」など、コーヒーとの相性もよい3種類のブレッドをご用意いたします。 

販売場所:
ザ・プリンス パークタワー東京「ブーランジュリートーキョー」、グランドプリンスホテル新高輪「チョコレート サロン タカナワ」、品川プリンスホテル「ブーランジュリーシナガワ」 ほか

商品名・料金:
エンサイマーダ(プレーン)¥250(写真左)、エンサイマーダ(フルーツ)¥420(写真中央前)、フィグレーズン¥500(写真中央奥)

ランチ前の「Merienda media Mañana(メリエンダ・メディア・メニャーナ)」

ランチ前の軽食にはフルーツやスイーツがおすすめです。表面をキャラメリゼし、パリッとした食感のスペインのクレームブリュレ風スイーツは、見た目も華やかなフルーツシャーベットとともにご提供いたします。 

販売場所:グランドプリンスホテル新高輪「Lounge Momiji」
商品名・料金: クレマカタラーナ¥1,200
※ザ・プリンス パークタワー東京「ロビーラウンジ」、東京プリンスホテル「ティーサロン ピカケ」でも「クレマカタラーナ オレンジ飾り」を販売いたします。(単品¥1,200 ドリンクセット¥2,000)

ランチの「Comida(コミーダ)」

スペインでは1日のメインとなる3食目。スペインタパスやスペイン風鉄板焼き「プランチャ」などをコース仕立てでご提供いたします。ブッフェでは、鉄板の上で焼くパエリアやスペイン風ミートボールグラタンなど幅広い世代に好まれるメニューがボードを彩ります。 

販売場所:ザ・プリンス さくらタワー東京「リストランテ カフェ チリエージョ」
商品名・料金:エル・ヴェルデ・フレスコ ランチ¥5,200
※ディナーコース(¥9,000)も販売いたします。

販売場所:品川プリンスホテル「リュクス ダイニング ハプナ」
商品名・料金:スペインフェアランチブッフェ
おとな¥3,800~ 小学生¥2,800~ 幼 児(3才~未就学)¥1,800~

ディナー前の「Merienda(メリエンダ)」

4食目は、ボリューム控えめに仕上げた季節の食材を使用したコース料理や、スペインバルをイメージしたタパス料理、お米とパスタを使用した2種類のパエリアをご提供するブッフェなど、シーンにあわせて選べるメニューを多種ご用意いたしました。

 

販売場所: ザ・プリンス パークタワー東京「レストラン ブリーズヴェール」
商品名・料金: テグスタシオンメニュー¥14,000

販売場所:サンシャインシティプリンスホテル「レストラン バイエルン」
商品名・料金: スペインフードコーナー

おとな¥4,200~ シニア(65才以上)¥3,700~
小学3年生以上¥1,900~ 小学1・2年生¥1,500~
※未就学のお子さまは無料です。

ディナーの「Cena(セナ)」

お酒とともに1日を締めくくる5食目。スペイン産のオリーブオイルが香るタコのガリシア風、ハモンセラーノ、サルシチョンのタパス3点盛りや、スペインの特産種シェリーを使用したカクテルをご提供いたします。 

販売場所:新宿プリンスホテル「ザ・ステーション カフェバー」
商品名・料金:おすすめタパス3点盛り¥1,500

販売場所:新横浜プリンスホテル「トップ オブ ヨコハマ バーラウンジ」

商品名・料金:スパニッシュモヒート¥1,800(写真左)、アールグレイモヒート¥1,800(写真右)  

料理とのペアリングも楽しいバラエティ豊かなスペインワイン

栽培面積で世界一を誇るワイン大国 スペイン。プリンスホテル シェフソムリエの市村義章が厳選した13種のワインをご用意いたしました。
販売場所:全10ホテル
※表記料金には、消費税が含まれております。別途、会計時にサービス料(10%)を加算させていただきます。(テイクアウト商品、新宿プリンスホテル「ザ・ステーション カフェバー」、サンシャインシティプリンスホテル「レストラン バイエルン」を除く
※仕入れの状況により食材・内容に変更がある場合がございます。
※食材によるアレルギーなどがございましたらあらかじめ係りにお申し付けください。
※上記以外にもフェア期間限定の特別メニューやプランを販売いたします。詳しくは広報担当宛てにお問合せください。
※スペイン産以外の食材を使用しているメニューもございますのでご了承ください。

スペイン文化に触れるイベント

スペインを代表する民族舞踊 フラメンコのショー、世界一の生産量であるスペイン産オリーブオイルの歴史やテイスティングを楽しむセミナーイベントを開催いたします。

情熱のフラメンコショー

小松原庸子スペイン舞踊団による、歌って踊るピラール・アストラ氏を招聘してのフラメンコイベントを開催。ピンチョスとドリンクとともに、情熱のステージをご観賞いただけます。 
場所: ザ・プリンス パークタワー東京「イベントホール メロディーライン」
期日: 2017年6月11日(日)
開催時間:開場4:00P.M./開演5:00P.M.
料金: 1名さま¥5,500

ご予約・お問合せ先:
TEL:03-5400-1153(3:00P.M.~8:00P.M.)
※グランドプリンスホテル新高輪「メインバー あさま」、品川プリンスホテル「フードコート 品川キッチン テラススペース」でもフラメンコショーを開催いたします。(「フードコード 品川キッチン テラススペース」のみ雨天中止。)

オリーブオイルソムリエと京野菜マイスターの食宴

 

オリーブオイルソムリエ宇田川裕美氏と、京野菜マイスターの資格をもつグランドプリンスホテル高輪のシェフ高垣??正とのコラボレーションセミナーを開催いたします。 

場所:グランドプリンスホテル高輪「グランカフェ パティオ」
期日:2017年6月17日(土) ※2017年5月1日(月)より予約受付開始
開催時間:受付12:00 NOON/開演12:30P.M.
料金:1名さま¥6,500
ご予約・お問合せ先:レストラン予約係TEL:03-3447-1139(平日:9:30A.M.~8:00P.M. 土・休日:9:30A.M.~7:30P.M.)

編集部のコメント

和食にインスピレーションを受けた「ジェイコブス・クリーク わ」から、日本の伝統文化にまで共鳴する今回の「ジェイコブス・クリーク スパークリング 江戸風鈴」などから、改めて日本の良さをオーストラリアブランドから教えてくれそうですね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.