世界50ヶ国以上で同日開催!「MOET PARTY DAY TOKYO 2017」が6月17日開催

1743年の創業以来、祝福と賞賛のシンボルとしてあらゆる喜びの瞬間を創造してきたモエ・エ・シャンドンは、2017年6月17日(土)に「MOET PARTY DAY 2017(モエ パーティ デー 2017)」を世界50ヶ国以上で同日開催します。

「SHARE THE MAGIC OF CHAMPAGNE(シャンパンの魔法を世界中に)」という願いのもと、洗練されたシャンパンで長く人々を魅了してきたモエ・エ・シャンドン。昨年は世界40ヶ国以上で「MOET PARTY DAY」を実施し、日本では六本木を中心に3つの異なる#MOETMOMENTをご来場の皆様にお楽しみいただきました。

2017年は、東京・表参道の「COMMUNE 2nd(コミューン セカンド)」にて開催が決定。1日の始まりを楽しむOPEN THE DAY、太陽が沈む美しい夕暮れを嗜むOPEN THE SUNSET、華やかな映画の世界やレッドカーペットを体験できるOPEN THE STARS、 1日の終わりをはじけるシャンパンと共にセレブレートするOPEN THE NIGHTの4つの異なる#MOETMOMENTを展開し、1日を通してモエ・エ・シャンドンの世界観をご堪能いただけるコンテンツをご提供します。

当日は、「モエ アンペリアル」、モエ アンペリアルのミニボトル「ミニ モエ(200ml)」、「ロゼ アンペリアル」、「アイス アンぺリアル」、「アイス アンぺリアル ロゼ」、「ネクター アンペリアル ロゼ(N.I.R*)」をそれぞれのモーメントに沿った空間で楽しめます。

変わらない毎日、ささやかな喜び、揺るがない愛、こうした日常こそ、祝福すべき瞬間。

2017年6月17日は、日の出から真夜中までささやかな日常の全てを祝福する特別な一日を、モエ・エ・シャンドンがもたらす魔法と共にお楽しみください。
※「MOET PARTY DAY TOKYO 2017」の詳細につきましては、モエ・エ・シャンドン公式サイトMOET.JPにて随時発表いたします。
※N.I.R…NECTAR IMPÉRIAL ROSÉの略称(読み方:ニル)

『MOET PARTY DAY TOKYO 2017』 開催概要

祝福と称賛のシンボルとしてあらゆる喜びの瞬間を創造してきたモエ・エ・シャンドンの世界観を1日中体験いただく日として、 2017年は6月17日(土)を「MOET PARTY DAY」と制定しました。「MOET PARTY DAY TOKYO 2017」では、モエ・エ・シャンドンを代表する「モエ アンぺリアル」「ロゼ アンぺリアル」「アイス アンぺリアル」「アイス アンぺリアル ロゼ」「ネクター アンぺリアル ロゼ(N.I.R)」をOPEN THE DAY、OPEN THE SUNSET、OPEN THE STARS、OPEN THE NIGHTの4つの異なる#MOETMOMENTでご堪能いただけるほか、革新的な演出により、モエ・エ・シャンドンが提案するさまざまなセレブレーションのスタイルを楽しめます。 

名称:MOET PARTY DAY TOKYO 2017(モエ パーティ デー トウキョウ2017) 
日程:2017年6月17日(土)
会場:COMMUNE 2nd(東京都港区南青山3-13)
※詳細につきましては、モエ・エ・シャンドン公式サイトMOET.JPにて随時発表いたします。

商品概要

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル 

モエ・エ・シャンドンのシンボル。かつてモエ・エ・シャンドンをこよなく愛した皇帝ナポレオン1世の生誕100周年を記念し、皇帝(アンペリアル)の名を冠し1869年に誕生。毎年100種類以上のワインをブレンドして造られるモエ アンペリアルは、メゾンのスタイルを最も高い完成度で普遍的に表現したもので、フルーティーな輝き、魅惑的な味わい、そしてエレガントな熟成が特徴。

「モエ アンペリアル」のミニボトル「ミニ モエ(200ml)」は、飲み口にゴールドに輝くミニ フルートをつけて楽しむ新しいスタイル。ミニ モエを片手に、心地よい陽射しや穏やかな風を感じる屋外で、映画鑑賞やホームパーティなど、シャンパンと共に過ごす極上の瞬間をあらゆるシーンでお楽しみいただけます。

ブレンド(アサンブラージュ) 
シャルドネ 20-30%、ピノ・ノワール 30-40%、ムニエ 30-40%
ドザージュ 9.0g/l
セラーでの熟成期間 24カ月

モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル 

華やかな輝きを湛えたロゼ アンペリアルは、厳選されたピノ・ノワールが持つフルーティーさと野イチゴのような香りを特徴とし、軽やかさとしなやかさに満ち溢れた魅惑的なロゼ シャンパンです。力強くまろやかかつ、新鮮でいきいきとした果実味が感じられるその表情豊かな味わいで、食前酒からボリューム感ある肉料理、デザートまで多彩な相性を持ちます。

ブレンド(アサンブラージュ) 
ピノ・ノワール 40-50%(10%の赤ワイン)、ムニエ 30-40%(10%の赤ワイン)、シャルドネ 10-20%
ドザージュ 9.0g/l
セラーでの熟成期間 21カ月

モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル 

氷を浮かべて初めて完成するシャンパン。モエ・エ・シャンドンの伝統的なスタイルはそのままに、もっと自由にシャンパンを楽しむことができるのが、アイス アンペリアル。マンゴーやグアバなど力強いトロピカルフルーツの香りに、ふくよかなネクタリンやラズベリー、そしてほのかなショウガの風味も感じることができます。果実の凝縮感、ふくよかさ、フレッシュさが絶妙なバランスで、氷を入れて楽しむための味わいを造りだします。

ブレンド(アサンブラージュ) 
ピノ・ノワール 40-50%、ムニエ 30-40%、シャルドネ 10-20%
ドザージュ 45g/l
セラーでの熟成期間 18カ月

モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル ロゼ 

氷を浮かべて初めて完成するロゼ シャンパン。モエ・エ・シャンドンの伝統的なスタイルはそのままに、もっと自由に爽やかにシャンパンを楽しむことができるのが、アイス アンペリアル ロゼ。モレロチェリー、リンゴンベリー(コケモモ)、クランベリーなどのフルーティーな風味、瑞々しいイチジクやネクタリンの夏の果実のような香りや食欲を刺激するザクロの香りを感じることができます。ベリーを思わせる甘さが口いっぱいに広がった後は、ピンクグレープフルーツのような旨みのある爽快なフィニッシュが広がります。

ブレンド(アサンブラージュ) 
ピノ・ノワール 45-55%(10%の赤ワイン)、ムニエ 35-45%(10%の赤ワイン)、
シャルドネ 5%  -10%
ドザージュ 38 g/l
セラーでの熟成期間 18ヶ月

モエ・エ・シャンドン ネクター アンペリアル ロゼ (N.I.R) 

モエ・エ・シャンドンのシャンパンの中でも、濃密なフルーツの香りを楽しむことができるのが、「ネクター アンペリアル ロゼ」(N.I.R*)。野イチゴやレッドカラント、イエロー・ピーチ、イチゴジャムなどの力強い果実味の中に、酸味たちのぼるアロマを感じる芳醇な味わいがその魅力です。赤いフルーツやナツメグの香りとキャラメルのような滑らかでリッチな口当たりが、力強いフルーティーさを引き立てています。
※N.I.R…NECTAR IMPÉRIAL ROSÉの略称(読み方:ニル)です。

ブレンド(アサンブラージュ)
ピノ・ノワール 45-55%(10%の赤ワイン)、ムニエ 35-45%(10%の赤ワイン)、シャルドネ 5-10%
ドザージュ 30g/l
セラーでの熟成期間 18カ月

 MOET PARTY DAYに込められた想い

モエ・エ・シャンドンでは、2015年より新たなブランドコンセプトTHE NOWを掲げた広告キャンペーンをグローバルで展開しています。THE NOWには「今この瞬間を共に分かち合い、新しい時代を切り開いていこう」というメッセージが込められており、ミレニアル世代を含む一瞬一瞬を自分らしく楽しむ全ての方々へ、誕生日やクリスマスなどの記念日やイベントだけでなく、友人や家族、恋人など大切な人たちと過ごす一瞬一瞬がかけがえのない体験MOËT MOMENTであることを伝えています。2016年より、THE NOWのブランドメッセージを最も象徴的に体験できる場として創り出したのが「MOËT PARTY DAY」です。

モエ・エ・シャンドンについて

1743年の創業以来、成功とエレガンスの象徴として愛され続けてきたモエ・エ・シャンドンは、「シャンパンの魔法を世界中に」という願いのもと、洗練されたシャンパンを人々に届け、魅了してきました。モエ・エ・シャンドンは、祝福と称賛のシンボル、華やかでラグジュアリーといったシャンパンのイメージそのものを創造し、人々に定着させてきました。時代を超え、様々なセレブレーションシーンを 彩り続けるモエ・エ・シャンドン。高い品質と豊かな泡立ち、美しく芳醇な味わいで、モエ・エ・シャンドンは270年にも及ぶ伝統を重んじながら技術革新を牽引し、未来へと続く持続可能なシャンパン造りを続けています。

モエ・エ・シャンドン公式サイト:https://moet.jp/
公式LINEアカウント:https://moet.jp/line/
Facebook:https://www.facebook.com/moet.jp
Instagram:https://www.instagram.com/moetchandon/
#MOETMOMENT

編集部のコメント

世界50ヶ国で同時開催ということでSNSでの「#MOETMOMENT」も一日を通してのイベントなので時差のある国同士でも一緒に盛り上がれそうですね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.