オリエンタルホテル広島にてグリルハンバーグとワインを楽しむ「夏のワインディナーブッフェ」が開催!

オリエンタルホテル広島は、1階「ニューヨークカフェ」にて2017年6月1日(木)から8月31日(木)の夏季限定でグリルハンバーグとワインで楽しむ「夏のワインディナーブッフェ」(大人6,000円 食べ・飲み放題 税・サービス料込)を開催します。

ワイン専門商社「エノテカ」による上質なセレクトワインと、ワインに合うスペシャルメニューとブッフェ料理を食べ飲み放題で楽しめる好評のディナーブッフェ。今回は、「グリルハンバーグ」がスペシャルメニューとして登場し、夏野菜とともに鉄板ごとオーブンで焼き上げた熱々のハンバーグは、ナイフを差し入れれば牛肉の旨味が溢れるジューシーさでワインとも好相性です。夏らしいスパイシーな味わいのブッフェ料理とともに、フリードリンクには、赤・白・スパークリングを各3種ずつ取りそろえたセレクトワインのほか、料理を引き立てるヱビスマイスターや、ワインベースのカクテルなどをご用意。上質なワインと彩りゆたかな料理が大人の夜にぴったりです。この夏はぜひ、親しいお仲間や大切な方とワインを愉しむ大人の夜を心ゆくまでご堪能ください。

グリルハンバーグとワインで楽しむ「夏のワインディナーブッフェ」

期間:2017年6月1日(木)~8月31日(木) ※要予約
時間:18:00~20:30(L.O)食べ・飲み放題 ※21:00よりBAR営業
場所:1階 ニューヨークカフェ
料金:大人 6,000円/小学生 2,800円/幼児(4~6歳)1,900円 ※3歳以下無料 ※食べ放題のみの料金有(税・サービス料込)

フードメニュー

スペシャルメニュー[グリルハンバーグ]
レッドカレー骨付きスペアリブ 香味焼きナンのピッツアシーフードのサラダ仕立て
白身魚のポワレ 香味野菜ソースで牛煮込み肉のサンガレーズ風味
蒸し鶏のネギソースサラダバーフルーツとデザート盛り合わせ ほか

ドリンクメニュー(フリードリンク)

「エノテカ」セレクトワイン9種/生ビール(ヱビスマイスター)/カクテル/ソフトドリンク各種
協 力:エノテカ株式会社

ご予約・お問合せ:ニューヨークカフェ TEL. 082-240-5567(直) ※WEB予約有
※夏のワインディナーブッフェ付宿泊プランもご用意しております。詳しくは宿泊予約(tel.082-240-7122)までお問い合わせください。
※お支払いはご来店時、前会計でお願いいたします ※メニューは仕入れや時期によって多少変更になる場合がございます。

オリエンタルホテル広島

2006年10月、広島のメインストリート・平和大通りに、「URBAN SOPHISTICATION -都市と文化が響きあう、知的時間-」をコンセプトにリブランドオープン。空間プロデュースを手掛けたのは、世界的インテリアデザイナーの内田繁氏。上質な家具と開放感のあるシースルーバスを備えたゲストルーム、東京の老舗フレンチレストラン“OZAWA”をはじめ、来るたびに新しいアートに出会えるオリエンタルデザインギャラリ―など、日常から少し離れたスタイリッシュなひとときをご提供いたします。

オリエンタルホテル広島は、株式会社ホテルマネージメントジャパンのグループホテルです。

編集部のコメント

エノテカが担当する厳選されたワインとオリエンタルホテル広島の夏のビュッフェという最高の組み合わせは見逃せませんね!

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.