ズボラモード全開でも失敗なし!5分で簡単!絶品本格チーズリゾット

イタリアでお馴染みのリゾットは、生のお米を炒めて炊くのが基本です。だしを足しながらゆっくり火を入れ、芯を残したアルデンテに仕上げるのがポイントです。作り方はシンプルですが、火加減に気を配りながら、つきっきりの調理。忙しい日や疲れて帰った夜には、ちょっとハードルの高い料理に感じるかもしれません。

そこで今回は、ズボラモードの時にもパパっと作れるリゾットのご提案。材料は牛乳とスライスチーズ、そして残りのごはんでOK。ごはんはさっと水洗いしてから炒めると、粘りが流れ、さらっとリゾットにピッタリの食感になります。とっても手軽なのに、ほほーと思わせる納得の美味しさ。女っぷりも上がること間違いなしです。

材料:1人分

ごはん 150g
ベーコン 30g
スライスチーズ 1枚
A 牛乳 150cc
A 塩 小さじ1/4
バター 10g
白ワイン 大さじ1
粗挽き黒コショウ お好きなだけ
粉チーズ お好きなだけ

作り方

 

【1】ベーコンを1cm幅にカット。フライパンにバターを入れて中火で熱し、溶けたらベーコンをこんがり炒めます。焦げやすいので火加減にご注意ください。

【2】ごはんは冷たい物を使う場合は、レンジなどで温めなおしてから。ザルに移し、指先でほぐしながらさっと水洗いしてヌメリを流します。水気をしっかりときってから、【1】に加えて炒めあわせます。

【3】ここで白ワインを加えます。白ワインは省略しても味には影響しませんが、風味よく一段と本格的に仕上がります。汁気がなくなったら弱火にし、Aを加えます。

【4】スライスチーズをちぎってのせ、煮立てすぎないように弱火で加熱します。チーズが溶けたら全体をひと混ぜ。器に盛り付け、粗挽き黒コショウと粉チーズをたっぷりふって出来上がり。

丁寧に煮すぎると、ごはんがベタッとしてしまいます。ちょっと早いかな?と思うくらいの、サラッとスープ状で火を止めるのが失敗をしないポイントです。チーズの銘柄や種類を変えたり、バターをオリーブオイルに代用すると、また違った味わいを楽しめます。

今回私が合わせたワインは、アルゼンチンのマルベック・シラーズ(赤ワイン)。骨太な雰囲気とスパイス感が、ベーコンや黒胡椒に寄り添い、軽やかな酸が料理をさっぱりさせます。
濃厚なチーズを使うなら、タンニンを感じる力強い赤ワインを合わせる大人のマリアージュもいいでしょう。白ワインを合わせるなら、ハーブを添えたようなニュアンスを感じられるソーヴィニヨン・ブラン、甘く華やかな香りのマスカット系もオススメです。

時間がない時にささっと作れて、お腹も満足できるチーズリゾット。5分で作ったとは思えないような本格的な味わいを、お好きなワインと一緒に楽しんでみてください。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.