ブタやゾウの形のチーズ?!可愛いだけじゃない!とっても美味しいチーズ「スカモルツァ」とは?

スカモルツァ(Scamorza)は、南イタリアのエリアで作られる牛乳のチーズです。名前の由来は樹木の先端を切るというスカモルツァーレから来ています。

作り方はモッツァレラチーズと同じく、こねたり引きのばしたり、ちぎる様子が思い浮かぶ「パスタ・フィラータ製法」なので、美味しい歯ごたえのある弾力と食感が生まれます。

日本で出回るスカモルツァは一箇所を紐でくくったカチョカバッロに似た雪だるまや西洋梨のような形をよく見ますが、大きいものは40kgほどにもなるプロヴォローネや2kgほどのカチョカバッロに比べてスカモルツァは250gから400gほどの大きさなので小ぶりです。

イタリアではプレゼントラッピング紐のような糸で吊るす形も見かけます。また、アイディアたっぷりな豚や象の形のスカモルツァなども登場しています。焼いてしまうのがもったいない可愛さですよ!

スカモルツァ アフミカータも人気

スカモルツァは上記のビアンコ(白)の他に、まるでモッツァレラが燻製になったようなアフミカータ(燻製)バージョンも、さらにコクが増して美味しいです。スカモルツァ アフミカータがおつまみとして最高なのは食べる前から分かりますね♪
ワインは主に白ワインがよく合わせられますが、料理によって様々なワインと楽しめるのも特徴です。

スカモルツァの食べ方

 

@kotturloverがシェアした投稿 -

スカモルツァはそのまま切り分けるのではなく、中東のハルミチーズのように、フライパンなどでとろっと少し焦げ目がつくまで加熱するのが一般的な食べ方です。1~2cmほどにスライスしたら中火で3分ほど焼くとちょうどよく伸びて美味しいですし、少し長めにこんがりパリパリに仕上げるのもオススメです。焼いたスカモルツァはそのままいただいてもいいですが、料理に使っても良いです。ヨーロッパではスカモルツァの中にサラミが埋め込まれているものも売られているので、切って焼けばそれだけで完璧なご馳走ですね!

スカモルツァのおすすめレシピ

 

開栗原さん(@kai.ml)がシェアした投稿 -

料理に使えるスカモルツァレシピをいくつか紹介します!

まず誰もが納得する「ピザ」です。マルゲリータに使えば、モッツァレラの代わりにもなります。自由が丘のピッツェリアIMOLAさんではスカモルツァのピザが登場しているのでぜひ足を運んでみてください。

スカモルツァはブレットとの相性が抜群なので、手作りパンに入れるのもおすすめですが、焼いたスカモルツァをパーティーに大活躍の「ブルスケッタ」の具の一つにするアイディアは簡単に美味しい一品が完成するのでぜひお試しください!

さらに、「焼きカプレーゼ」なんていかがですか?こちらもまたモッツァレラの代用アイディア、そしてさらに美味しくなる料理です。普通は常温(モッツァレラは冷蔵庫から出したばかりの冷え冷えではなく常温に戻すのが常!)とトマトをスライスして合わせますが、焼かれたトロトロのスカモルツァでトマトの甘みもアップします。

他には焼いて溶かしたスカモルツァは野菜やお魚、いろいろな料理と合わせやすいので、ぜひオリジナル料理にトライしてみてください!

最後に

スカモルツァについて分かりましたでしょうか?

季節のチーズも美味しいですが、スカモルツァは一年を通して手に入れることができるチーズです。さらに、賞味期限も一週間ほどのモッツァレラチーズに比べて1年ほどあるので、冷蔵庫に常備できそうですね。

ぜひお近くのチーズ専門店で手に入れて、毎日のワインライフのお供に「スカモルツァ」を取り入れてみてはいかがですか?

岐阜出身。2013年在学中にGnR代表に就任。2015年慶応義塾大学・理工学部卒。学生時代、オランダから来たベジタリアンの留学生Miekeと出会い、彼女の実家のオーガニック牧場のチーズ輸入をスタート。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.