お刺身を簡単3ステップで、アレンジ自在のカルパッチョに大変身!

陽射しの強い時期になりました。夏に向けて、これからますます暑くなるので、スパークリングワインや白ワイン、冷えたワインが美味しい時期です。合わせるおつまみは、火を使わず簡単に調理ができて、見栄えもするお料理の「カルパッチョ」がオススメです。

カルパッチョは魚介のものが多いですが、もともとは生の牛フィレ肉の薄切りを使ったイタリア料理です。誕生には諸説ありますが、ベネツィアのハリーズ・バーの創業者が常連客の為に作ったメニューで、生牛肉の上にパルメザンチーズや、ルッコラ、マヨネーズベースのソースをかけたものでした。

牛薄切り肉の赤、皿の白が、カルパッチョという画家の描く絵画に似ていて、バーの創業者が画家の名を料理名にしたと言われています。

カルパッチョは色々な素材で作る事ができます。今回は身近な魚のサクや、切り身で簡単にできるカルパッチョをご紹介します。今の時期、旬のカツオもオススメです。

材料

刺身用魚介(白身魚(鯛・ヒラメ等)のサク、カツオのサク等) 適量
オリーブオイル 又は ごま油 適量
塩 少々
その他あると良いもの(レモン、トマト、玉葱、ハーブ等) 適量

作り方

【1】 魚のサクは薄く切り皿にずらして並べます。

【2】 オリーブオイルを適量かけます。

【3】 塩を少々上から散らすようにしてふります。これだけも美味しいカルパッチョの出来上がりです。更にレモンを絞ってふりかけても、さわやかな味わいになります。

アレンジ1

トマトの粗く切ったもの、オリーブオイル、塩、にんにくすり卸し混ぜたものを上にのせ、バジルの葉を添えると色合いも綺麗です。

アレンジ2

オリーブオイルのかわりに白ごま油をかけ、ゆかりを少々ふると和風のカルパッチョになります。

アレンジ3

旬のカツオを使ったカルパッチョ

①カツオを薄くスライスし、白ごま油をかけ塩を少々ふります。生姜の千切りをのせます。

②カツオを薄くスライスし、白ごま油をかけ塩を少々ふります。白すりごまと青葱を散らします。

合わせるワイン

JACOB'S CREEK「わ」

【タイプ】スパークリングワイン 白辛口
【原産地】オーストラリア

「銀座 寿司幸」四代目の杉山衛氏と「割烹日本橋とよだ」五代目の橋本享氏、二人の和食の匠と「ジェイコブス・クリーク」が共同でつくった和食に合うスパークリングワインです。

細やかな優しい泡立ちで、グレープフルーツや青りんごのような香り、穏やかな酸味でフルーティーな味わいで心地よい甘味を感じます。フレッシュ感もあり喉ごしはすっきりしています。

天ぷら、刺し身、鍋もの、和食全般、繊細な味わいの茶わん蒸しにも寄り添えて楽しめます。

最後に

カルパッチョは盛り付け次第でテーブルも華やかにしてくれます。ホームパーティーの時は、白身魚、赤身のマグロや帆立貝等、2~3種の魚介を盛り合わせると豪華にみえます。淡白な白身の魚は野菜と合わせて。青背の魚はごま油で少しパンチをきかせ、上にトッピングするものを少し変えるだけで色々な味を楽しめます。

軽めの白ワインなら、レモンやトマト、ハーブと合わせましょう。、シャルドネ系の白ワインやロゼなら、上にピンクペッパーや黒こしょう、白すりごまを散らすと美味しくいただけます。その日に飲むワインに合わせてオイルや、トッピングするものを変えるといろいろなzれんじが楽しめます。

これからどんどん暑くなり、食欲がない時にもおすすめのカルパっチョ。冷えたワインのおつまみとして、ささっと作ってワインと一緒に楽しんでみてください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。日本ソムリエ協会認定ソムリエ、利き酒師、栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.