手軽なのにとびきり美味しい!料理とワインの品格を高める「チーズボール」マジック!

今週はいつもより頑張ったから、ご褒美にオフ呑みしたい!気の置けない仲間たちで集まって、部屋着のままで、すっぴんのままで、のんびり週末ワインを楽しみたい!そんな雰囲気の家呑みにピッタリのレシピをご紹介します。

リラックスした家呑みに、わずらわしさは×。アレコレ考えず、刻んで混ぜるだけのディップとクラッカーは、やっぱり便利な定番おつまみです。でも、手軽だからってガッカリはさせません。ワインなしでもとびきり美味しい!ワインと合わせると更に美味しい!料理もワインも、お互いの品格をぐっと高めてくれる不思議なマジックを実感できますよ。

材料:4~6人分

クリームチーズ 200g
ロースハム 70g
アーモンド 40g
パセリ 1株
A 塩小さじ1/4
A コショウ少々
クラッカー 適量

【1】ロースハムを細かく刻みます。食感を残したいならザクザク粗めに、滑らかにしたいなら頑張って細かく刻みましょう。

【2】アーモンドを刻みます。均一にならなくても大丈夫。多少粗めの方が食感と香ばしさが残って美味しくいただけます。クルミやピーナッツ、おつまみ用のミックスナッツで代用してもいいでしょう。

【3】クリームチーズを練ります。最初は固めですが、徐々にクリーム状になってきます。

クリームチーズは常温で柔らかくなるので、予め冷蔵庫から出しておくと作業が楽です。時間がない時は、レンジで30秒ほど加熱しても良いでしょう。加熱しすぎると扱いにくくなるのでご注意ください。

【4】【1】・【2】を1/3量ずつ残し、【3】に混ぜます。均一になったらラップで包み、ボール状に形を整えます。柔らかくて整形しにくい時は、冷蔵庫で冷やすと扱いやすくなります。

【5】残しておいた【1】・【2】に、刻んだパセリを混ぜます。ラップをはずした【4】を転がし、表面に均一にコーティングします。

【6】お好みのクラッカーにつけながら召し上がれ。オリーブやケッパー、ドライトマト、ドライフルーツを加えてもOK。分量を増やして大きく作れば、更にインパクト大!みんなで集まるホームパーティーや、ポットラックにもピッタリですよ。

私の一番のお気に入りのマリアージュは、南アフリカの赤ワイン品種、ピノ・タージュ。心と身体にスーッとしみる軽やかさと、優しい酸味。デイリーワインとして重宝するリーズナブルさも魅力です。夏日には、爽やか系スパークリングワインにもバッチリ。蒸し暑さも吹き飛ばしてくれるでしょう。好きな映画やテレビを見ながら、のんびり疲れを癒してくださいね。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.