手軽なのにとびきり美味しい!料理とワインの品格を高める「チーズボール」マジック!

今週はいつもより頑張ったから、ご褒美にオフ呑みしたい!気の置けない仲間たちで集まって、部屋着のままで、すっぴんのままで、のんびり週末ワインを楽しみたい!そんな雰囲気の家呑みにピッタリのレシピをご紹介します。

リラックスした家呑みに、わずらわしさは×。アレコレ考えず、刻んで混ぜるだけのディップとクラッカーは、やっぱり便利な定番おつまみです。でも、手軽だからってガッカリはさせません。ワインなしでもとびきり美味しい!ワインと合わせると更に美味しい!料理もワインも、お互いの品格をぐっと高めてくれる不思議なマジックを実感できますよ。

材料:4~6人分

クリームチーズ 200g
ロースハム 70g
アーモンド 40g
パセリ 1株
A 塩小さじ1/4
A コショウ少々
クラッカー 適量

【1】ロースハムを細かく刻みます。食感を残したいならザクザク粗めに、滑らかにしたいなら頑張って細かく刻みましょう。

【2】アーモンドを刻みます。均一にならなくても大丈夫。多少粗めの方が食感と香ばしさが残って美味しくいただけます。クルミやピーナッツ、おつまみ用のミックスナッツで代用してもいいでしょう。

【3】クリームチーズを練ります。最初は固めですが、徐々にクリーム状になってきます。

クリームチーズは常温で柔らかくなるので、予め冷蔵庫から出しておくと作業が楽です。時間がない時は、レンジで30秒ほど加熱しても良いでしょう。加熱しすぎると扱いにくくなるのでご注意ください。

【4】【1】・【2】を1/3量ずつ残し、【3】に混ぜます。均一になったらラップで包み、ボール状に形を整えます。柔らかくて整形しにくい時は、冷蔵庫で冷やすと扱いやすくなります。

【5】残しておいた【1】・【2】に、刻んだパセリを混ぜます。ラップをはずした【4】を転がし、表面に均一にコーティングします。

【6】お好みのクラッカーにつけながら召し上がれ。オリーブやケッパー、ドライトマト、ドライフルーツを加えてもOK。分量を増やして大きく作れば、更にインパクト大!みんなで集まるホームパーティーや、ポットラックにもピッタリですよ。

私の一番のお気に入りのマリアージュは、南アフリカの赤ワイン品種、ピノ・タージュ。心と身体にスーッとしみる軽やかさと、優しい酸味。デイリーワインとして重宝するリーズナブルさも魅力です。夏日には、爽やか系スパークリングワインにもバッチリ。蒸し暑さも吹き飛ばしてくれるでしょう。好きな映画やテレビを見ながら、のんびり疲れを癒してくださいね。

ホームページ | ブログ | instagram
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.