夏限定パッケージ「カッシェロ・デル・ディアブロ ソーヴィニヨン・ブラン」が数量限定発売!

メルシャン株式会社は、チリの名門ワイナリー「コンチャ・イ・トロ」社のプレミアム・チリワインブランド「カッシェロ・デル・ディアブロ」から日本初登場となる夏限定パッケージで「カッシェロ・デル・ディアブロ クール・エディション ソーヴィニヨン・ブラン」と「同ロゼ」の2品を6月27日(火)より数量限定で全国発売します。
※中味は通常品の「カッシェロ・デル・ディアブロ ソーヴィニヨン・ブラン」「同 ロゼ」と同じです。

日本におけるチリワインの輸入量は2006年以降継続して増加しており、2015年以降フランスの輸入量を上回って1位、2017年1~3月も前年比125%(※)と飛躍しています。
※ 財務省関税局調べによる「ぶどう酒(2L以下・2L超10L以下・10L以上150L以下・150L超の容器入り)」合計数量推移

「カッシェロ・デル・ディアブロ」シリーズ全15種の中でもキリッと冷やして楽しめる爽やかな味わいが特長のソーヴィニヨン・ブラン、ロゼの夏限定パッケージ商品を発売することで、ブランドの話題喚起を図るとともに、夏のワイン市場のさらなる需要を喚起します。

パッケージについて

透明なボトルに植物のデザインで爽やかさを表現し、キリっとした白ワインには若葉色、華やかなロゼワインには鮮やかなローズ色で見た目の涼しさも演出しました。

カッシェロ・デル・ディアブロ

1883 年に創業され、130 年以上の歴史を誇るチリで最も歴史のあるワイナリーの一つであるコンチャ・イ・トロ社が造るプレミアム・チリワインです。そのおいしさから盗み飲みが絶えなかったため、創立者ドン・メルチョー氏が「この蔵には悪魔が棲んでいる」という噂を流し、その美酒を守ったという伝説を持つワインです。

カッシェロ・デル・ディアブロ クール・エディション ソーヴィニヨン・ブラン

チリのセントラル・ヴァレー沿岸地域で育ったソーヴィニヨン・ブランは酸味と果実のバランスが優れ、始めから最後までフレッシュさが続き上品な仕上がりです。

カッシェロ・デル・ディアブロ クール・エディション ロゼ

チリのラペル・ヴァレーとマウレ・ヴァレーのシラーズが主体です。少し紫がかったイチゴのような鮮やかな色で、赤や黒のベリーのアロマにスパイスが感じられ、ブラックベリーやフレッシュなプラムなどの他、しっかりとした骨格に心地よい酸が続きます。

 

商品概要

商品名・アルコール・色:
「カッシェロ・デル・ディアブロ クール・エディション ソーヴィニヨン・ブラン」・12.5%・白
「同 ロゼ」・13%・ロゼ
容量・容器:750ml・びん
カテゴリー分類:果実酒
発売日:2017年6月27日(火)
発売地域:全国
価格:オープン価格

【お客様お問い合わせ先
キリン株式会社 メルシャンお客様相談室
TEL:0120-676-757

キリンホームページアドレス 
http://www.kirin.co.jp 

メルシャン株式会社は、ワイン事業スローガン「ワインのおいしい未来をつくる。」のもと、ワインのある豊かな時間を通じて、人と人とのつながりを楽しんでいただけるよう、さまざまな提案を続けていきます。

編集部のコメント

「カッシェロ・デル・ディアブロ」の日本初登場夏限定パッケージは爽やかで、見た目からも夏に飲みたいすっきりとした印象を与えてくれますね。

TAGS

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.