白ワインやスパークリングワインと相性抜群!帆立の焼きタルタルの作り方

今回は、ずっと飲んでいても飲み飽きしない、お酒を飲みすぎた時でもスッと飲めてしまうお薦めのワインと共に、これからの季節で飲む事が多くなるであろう白ワイン、スパークリング、ロゼと相性の良い、簡単な万能おつまみをご紹介します。

合わせるワイン


ワイン名:ヴァルヌーレ テッラフィアバ / ラ・トーサ
生産地:イタリア・エミリアロマーニャ
品種:マルヴァジア40%、オルトルーゴ40%、トレビアーノ20%

合わせるワインは微発泡性の白ワイン、フリッツアンテ。実はこのエミリア・ロマーニャ州は美食の宝庫!!パルマ産の生ハム、伝統的バルサミコ酢、パルミジャーノ・レジァーノ、ミートソース等世界的に知られるイタリア食材の産地なんです。ワインでは、赤の微発泡・ランブルスコが有名ですよね。

材料:1~2人分


バゲット 適量
帆立(生食用) 4ヶ
万能ねぎ 大さじ2
マヨネーズ 大さじ2
生クリーム 大さじ1
カレー粉 少々
塩 少々

作り方


【1】帆立を5mm角に切る。











【2】ボウルに帆立、万能ねぎ、マヨネーズ、生クリーム入れる。さらに、塩とカレー粉をひとつまみ入れ、全て混ぜ合わせる。※カレー粉は、カレー味にするためではなく、胡椒のかわりにというイメージで。








【3】バゲットを適当な大きさに切る。












【4】バゲットに【2】をのせて、オーブントースターで焼く。タルタルの表面に軽く焦げ目がついて、中は少し温まっている位で取り出す。※帆立が半なまの状態が理想です。焼きすぎ注意!







帆立の甘みがワインのほんのり感じる果実の甘みととても合います。胡椒の代わりに使ったカレー粉が強すぎずほんのり効いて、旨味を増しています。

ポイントは2つ。帆立が半なまである事!胡椒の代わりにカレー粉を少し入れる事でスパイスがほんのり効いてアクセントに!

ワインは、フレッシュな果実の香りで爽やかな印象。軽やかで柔らかい泡立ち。微かに甘みを感じるすっきりした果実感が心地良いです。レアな帆立の柔らかい食感。軽くつけた焦げ目から香ばしさが感じられます。

今回は微発泡のヴァルヌーレとあわせましたが、このおつまみはとても万能選手です!!どんなスパークリングや白ワインでも良く合うと思います。あっ、ロゼでもいいですね~♪

みなさんも、ワインのおつまみに困ったら、是非作ってみてくださいね。

夫婦で営むカジュアルフレンチ。 厳選した各国のワインとそれに寄り添う料理、心地よい空間。 賑やかな下北沢でホッと息のつける隠れ家です。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.