白ワインやスパークリングワインと相性抜群!帆立の焼きタルタルの作り方

今回は、ずっと飲んでいても飲み飽きしない、お酒を飲みすぎた時でもスッと飲めてしまうお薦めのワインと共に、これからの季節で飲む事が多くなるであろう白ワイン、スパークリング、ロゼと相性の良い、簡単な万能おつまみをご紹介します。

合わせるワイン


ワイン名:ヴァルヌーレ テッラフィアバ / ラ・トーサ
生産地:イタリア・エミリアロマーニャ
品種:マルヴァジア40%、オルトルーゴ40%、トレビアーノ20%

合わせるワインは微発泡性の白ワイン、フリッツアンテ。実はこのエミリア・ロマーニャ州は美食の宝庫!!パルマ産の生ハム、伝統的バルサミコ酢、パルミジャーノ・レジァーノ、ミートソース等世界的に知られるイタリア食材の産地なんです。ワインでは、赤の微発泡・ランブルスコが有名ですよね。

材料:1~2人分


バゲット 適量
帆立(生食用) 4ヶ
万能ねぎ 大さじ2
マヨネーズ 大さじ2
生クリーム 大さじ1
カレー粉 少々
塩 少々

作り方


【1】帆立を5mm角に切る。











【2】ボウルに帆立、万能ねぎ、マヨネーズ、生クリーム入れる。さらに、塩とカレー粉をひとつまみ入れ、全て混ぜ合わせる。※カレー粉は、カレー味にするためではなく、胡椒のかわりにというイメージで。








【3】バゲットを適当な大きさに切る。












【4】バゲットに【2】をのせて、オーブントースターで焼く。タルタルの表面に軽く焦げ目がついて、中は少し温まっている位で取り出す。※帆立が半なまの状態が理想です。焼きすぎ注意!







帆立の甘みがワインのほんのり感じる果実の甘みととても合います。胡椒の代わりに使ったカレー粉が強すぎずほんのり効いて、旨味を増しています。

ポイントは2つ。帆立が半なまである事!胡椒の代わりにカレー粉を少し入れる事でスパイスがほんのり効いてアクセントに!

ワインは、フレッシュな果実の香りで爽やかな印象。軽やかで柔らかい泡立ち。微かに甘みを感じるすっきりした果実感が心地良いです。レアな帆立の柔らかい食感。軽くつけた焦げ目から香ばしさが感じられます。

今回は微発泡のヴァルヌーレとあわせましたが、このおつまみはとても万能選手です!!どんなスパークリングや白ワインでも良く合うと思います。あっ、ロゼでもいいですね~♪

みなさんも、ワインのおつまみに困ったら、是非作ってみてくださいね。

夫婦で営むカジュアルフレンチ。 厳選した各国のワインとそれに寄り添う料理、心地よい空間。 経堂でホッと息のつける隠れ家です。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.