ハーゲンダッツとワインで「自分へのご褒美」をより優雅に!

SNSのハッシュタグ「自分へのご褒美」と言えば、真っ先にあがるのがハーゲンダッツのアイスクリーム。手軽にいつもより少し贅沢な気分を味わえるのが理由だそうですが、実は今、そのハーゲンダッツのアイスクリームとワインのペアリングが密かなブームになっているらしいのです。

そういう訳で、早速ハーゲンダッツの定番フレーバーとワインを合わせてテイスティングをしてみたので、結果をご報告したいと思います!

おすすめのペアリング

バニラ × 赤ワイン

ハーゲンダッツといえばやっぱりバニラ。ミルクの味わいが濃厚なバニラは赤ワインと驚くほど合いました。まるで、熟成したトロトロの白カビチーズと赤ワインを合わせた時のように、口に含んだアイスクリームの油分が赤ワインのタンニンで洗われて、飲み込んだ後には口の中がさっぱり。これはいくらでも食べてしまうので危険です! 

クッキー&クリーム × 白ワイン

白ワインはバニラとも良く合ったのですが、特にクッキー&クリームと好相性でした。ただし、その白ワインはフレッシュで酸味の際立ったタイプではなく、ヴォリューム感のある少し樽香の効いたものがおすすめです。白ワインの樽のニュアンスはバニラの香りがすることがあるので、香りがマッチしたせいかもしれません。さらに、クッキーのほろ苦さがアクセントになって白ワインの酸味や心地よい苦みと非常に合いました。

ストロベリー × スパークリングワイン

アイスクリームのクリーミーな舌触りは、スパークリングワインの泡の滑らかさと。ストロベリーの甘酸っぱさは、ワインの酸味と。ぴったりと合い、驚くほどパーフェクトなマリアージュ。さらに甘口のスパークリングワインと合わせれば極上のデザートになりました。是非、クリームソーダのようにグラスに注いだスパークリングワインにアイスクリームを浮かべてお試し下さい!

まとめ

テイスティングを行う前は「ハーゲンダッツのアイスクリームはどのフレーバーも個性のあるしっかりとした味わいなので、ワインと合わせるのは難しいのでは?という先入観がありましたが、多いに裏切られた結果となりました。

理由はアイスクリームの原料と脂肪分にあるのかもしれません。アイスクリームの主な原料は「ワインの最高のお供」であるチーズと同じ牛乳です。そして、脂肪分もチーズ同様高めです。チーズは塩辛く、アイスクリームは甘い、という根本的な味の違いはあっても、ハーゲンダッツのどのフレーバーにも共通する「濃厚なミルクの風味」や、「口の中でとろける脂肪分の滑らかさ」がチーズと似ているから、ハーゲンダッツのアイスクリームもワインと合うのかもしれませんね。

とはいえ、あまり深く考えずにカジュアルなワインと、お好きなハーゲンダッツで是非一度お試し下さい。簡単にできるアイスクリームとワインのペアリングは「自分へのご褒美」をよりいっそう優雅にしてくれるはずです。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.