テーブルと会話に花が咲く!いつもと同じ材料で「バラ餃子」を作ろう!

餃子はごはんのおかずや、お酒のおつまみとして大人気ですよね。焼き餃子、揚げ餃子、水餃子などいろんな食べ方がありますが、今回はインパクトがあるバラの形をした「バラ餃子」の作り方をご紹介します。

餃子のタネと普通の大きさの皮を使って簡単にできるお花の形が可愛い餃子は、食卓を華やかにし、会話も弾ませてくれることでしょう。「これ、どうやって作ったの?」と、皆を驚かせてみませんか?

材料:12個分

豚ひき肉 100g
a キャベツ 100g
a ニラ 15g
a 玉ねぎ 15g
b 酒 大さじ 1/2
b 醤油大さじ 1/2
b ごま油 小さじ 1/2
c 酢 大さじ1
c 醤油 大さじ1
c ラー油 適量
塩 小さじ 1/4
こしょう 適量
キャベツの葉 2~3枚

作り方

【1】aの野菜をみじん切りにし塩を加えてしばらく置き水けを絞る。

【2】キャベツの葉2~3枚は細切りにする。

【3】豚ひき肉に塩ひとつまみ(材料外)を加えて練って粘りを出す。

【4】aの野菜とbの調味料を加えて混ぜ合わせ12等分する。

【5】餃子の皮を3枚1組にし、真ん中の皮の両端に水をつけ3枚をつなげる。

【6】【5】に【4】の肉種を横長に広げて乗せる。

【7】【6】の内側に水をつけて半分に折り閉じる。

【8】【7】の下の部分に水をつけ横から巻いて花の形に成型する。

【9】フライパンにキャベツを敷き【8】を並べ水1/4カップを加えて蓋をし中火で10分加熱する。

【10】cを混ぜ合わせタレを作ったら完成です。

蒸すときに下にキャベツを敷いておくと餃子の底もきれいに仕上がります。今回は蒸し焼きにしましたが、バラの形にした後、油で揚げてもいいですね。

合わせるワイン

今回のバラ餃子に合わせるなら、フレッシュでフルーティーな赤や白のワインがおすすめです。焼き餃子には熟成感のあるワインがいいと思いますが、蒸してすっきり仕上げていること、見た目の涼やかさから、ワインにも軽やかさを求めたいですね。イタリア産の辛口微発泡ワインもよく合います。
定番料理を一工夫をして、梅雨の季節も爽やかにお過ごしくださいね。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.