シチリアを味わい尽くそう!ツナとオリーブの冷製レモンパスタ

暑くなってくると、サッパリしたものが食べたくなりますよね。今回はイタリア、シチリアの白ワインに合わせて作れる、簡単でさわやかな冷製パスタをご紹介します。

シチリアはイタリア最南端の地中海に浮かぶ一番大きな州で、映画のロケ地としても有名な場所です。海にかこまれ陽射しがたっぷり降り注ぐ土地なので、新鮮な海の幸やトマトやオリーブ、レモン、オレンジの柑橘など、とにかく美味しい食材の宝庫です!

ワインに関しても、フレッシュな白から長期熟成の赤ワインまであり、ワイン産地としても注目されています。ワインにアルコールを加えた酒精強化ワインの「マルサラ酒」や、レモンのリキュールの「レモンチェッロ」もシチリアの特産品です。シチリアのお料理は茄子やトマト、セロリ等をワインビネガーで甘酸っぱく仕上げた煮込み料理や、いわしのパスタ、いわしに松の実やレーズンを詰めて揚げ焼きしたべッカフィーコが有名です。

今回は、イタリアのマンマの手づくりパスタをアレンジ!オリーブオイルと塩、レモン味のパスタにツナとオリーブを混ぜた3ステップの簡単な冷製パスタにしてみました。暑い日に食べたいさわやかな味わいです。

材料:(2人分) 

カッペリーニ 100g
ツナ缶 1缶
ブラックオリーブ(種なし輪切り) 20g
オリーブオイル 適宜
レモン 1個
塩 適宜

作り方

【1】鍋に湯をわかし、分量外の塩(約1ℓに塩大さじ2/3程)を入れカッペリーニを入れ規定時間茹でます。

【2】パスタをザルにあげ、冷水につけて水気を絞るようによくきります。

【3】 ボールにパスタを移し、ツナ缶を汁ごと、ブラックオリーブ、オリーブオイル適量、レモンの皮(黄色い皮の部分)のすり卸しを加え、レモンを絞って混ぜます。最後に塩で味を整えれば完成です。

合わせるワイン

Baglio di Pianetto(BDP)Y Catarratto
バリオ・ディ・ピアネット・カタラット
【タイプ】白辛口
【原産地】イタリア シチリア州
【品種】カタラット

カタラットという品種はシチリアで最も多く栽培されている白ぶどうで、フレッシュですっきりした白ワインが多く造られています。ほんのりと柑橘や、さわやかなハーブが香り、すっきりとした味わい。暑い日によく冷やしてキリッと飲みたいワインです。ワインがすっきりしているので口直しのリフレッシュ効果があり、揚げ物とも相性が良いです。海鮮や野菜のフリット、フライ等シンプルに油で揚げた料理にレモンを絞って酸味を補い、塩でいただくようなシンプルなお料理が合います。

すっきりフレッシュな味わいの白ワインに、酸味のある塩レモンパスタは相性抜群です。レモンは黄色い皮の部分に香りがあるので、皮も加えると、さわやかな香りが口いっぱいに広がります。国産のレモンを選んでいただくと良いですが、輸入ものでしたらよく皮を洗って使ってください。

レモンのクエン酸やビタミンCには疲労回復や美肌効果、食欲増進やリフレッシュ効果があるといわれています。すっきりフレッシュな白ワインに、塩レモンパスタを合わせて、これからの暑い季節を元気に過ごしてください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.