贅沢をプラス!ショートパスタ マスカルポーネ添え


ワインのお供になる主食と言えばやっぱりパスタですよね。でもパスタはサッと食べないと美味しさが半減します。ワインをゆっくりと楽しむ際にオススメのパスタはショートパスタです。

ロングパスタに比べ、時間が経っても食感の変化も少なく、お気に入りの音楽を聴きながら、TVを見ながら、のんびりと食べても大丈夫。また、パスタのソースを作っていては、簡単レシピとは言えません。かと言って、市販のソースだけだと「ご褒美」には程遠い...。

そこで、オススメするのが「マスカルポーネ」です。

仕上げにちょっと乗せるだけで、パスタのランクがググッと上がりますよ。市販のソースにマスカルポーネ?と思うかもしれませんが、これが美味しいんです。食べる前にササッと混ぜて、幸せモードに浸っちゃいましょう。

材料と作り方


ショートパスタ マスカルポーネ添え
[難易度]★☆☆
[調理時間]10分

【材料:1~2名分】
ショートパスタ(フジッリ・ペンネ・オレキエッテなど)
市販のソース(トマト・ミートソースなど)
オリーブオイル少々
マスカルポーネ適量

【1】ショートパスタは指定時間茹でる。










【2】ザルにあけて鍋に戻し、ソースと絡めながらさっと炒めあわせる。









【3】器に盛ってオリーブオイルをかけ、マスカルポーネをのせて完成。







合わせるワイン


Tomas Cusine Auzells
(トーマス クシネ アウセルス)

[生産]スペイン
[品種]マカブー41%、シャルドネ16%、ソーヴィニヨンブラン16%、アルバリーニョ10%、ミュラトゥルガウ10%、リースリング3%、モスカテル2%

トマトソースにマスカルポーネ、本来なら軽めの赤といきたいトコですが、今回はちょっと変化球でスペインの白ワインを合わせてみます。

爽やかながら骨格のしっかりした味わいなので、今回のお料理もガッチリ受け止めてくれました。何と言ってもマスカルポーネとの相性が抜群!クリーミーさが更に広がって、お料理とワインの美味しさ相乗効果を満喫できます。

青りんご・梨、ゆりのような白い花、ほのかなハーブ感。爽やかな果実味と酸味が広がり、余韻もスッキリしています。

ちょっと聞きなれないマカブーというブドウ品種を使っているんですが、カマベオという呼び名なら聞いたことがあるかもしれませんね。爽やかだけど骨格はしっかり。これに、前半はすっきりソーヴィニヨンブランらしさ、後半はシャルドネやアルバリーニョの奥行きが出てくる...というのが私の印象。

飲む人やシチュエーション、あわせる料理を選ばない万能白ワインでオススメです♪

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.