手軽に買える飲みきりサイズの「コンビニ缶ワイン」を試してみた

屋外でワインを楽しむのが気持ち良い季節になりました。バーベキューやキャンプといったアウトドアシーンでは、ビールだけでなくワインも持参するのがもはや定番となりましたね。しかし、ボトルのワインは重く、グラスもオープナーも必要となるとちょっと面倒です。そこで最近はコンビニで買える飲みきりサイズの「缶ワイン」に注目が集まっています。

軽くて持ち運びが楽な上に、スクリューキャップ付きなので飲み残してもこぼしてしまう心配がありません。またパッケージもオシャレで、コンビニで気軽に買えるため、いろんなシーンで活躍してくれそうです。
では、肝心のお味はどうでしょう?暑さも増してきたこの時期、とりわけ飲みたくなるスパークリングワインを中心に試してみました。

WORLD SELECTION Sparkling

WORLD SELECTION Sparkling(ワールドセレクション スパークリング フロム オーストラリア) 

生産者:メルシャン株式会社
内容量:290ml 
アルコール分:11%

オーストラリア産のシャルドネワインから造られた、繊細な泡立ちの微発泡ワイン。黄桃やパッションフルーツの香りが華やかで、樽の風味も少しあります。酸味は控えめでコクのある辛口です。

LA VACANZA Sparkling

Sparkling(ラ ヴァカンツァ スパークリング 白)

生産者:マンズワイン株式会社
内容量:280ml 
アルコール分:12%

チリ産の白ワイン使用。しっかりした泡立ちのスパークリング。爽やかな酸味ですっきりとした辛口。ビール感覚で飲めます。

LA VACANZA Sparkling

 

LA VACANZA Sparkling(ラ ヴァカンツァ スパークリング 赤)

生産者:マンズワイン株式会社
内容量:280ml 
アルコール分:12%

チリ産の赤ワインを使用。程よい渋みのあるスパークリング。ソフトな口当たりで果実味もあります。少し甘味も感じられるので、お酒があまり強くない方でも飲みやすそうです。

Petit Monteria

Petit Monteria(プティ モンテリア スパークリング)

生産者:モンデ酒造株式会社
内容量:290ml 
アルコール分:12%

輸入ワイン使用。ブドウ品種はソーヴィニヨンブラン、ペドロヒメネス、シャルドネ。柑橘系の爽やかな香りと風味が特徴。しっかりとした泡立ちで飲みごたえがあります。

最後に

今回試した缶ワインは、いずれも全体的に軽い味わいなので自宅で一人飲みするなら、合わせるおつまみもプロセスチーズやスナック菓子のような手軽なものが良いでしょう。価格は全て税込み300円前後で、各店舗によって品揃えは異なります。

缶ワインは全て店内の冷蔵庫でよく冷えた状態で販売されていたので、購入してすぐに飲めるのも嬉しいですね。グラスに注いで優雅に飲むボトルワインとはまた違った、カジュアルに乾杯をして楽しむことができる缶ワイン。この夏のワインライフに気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.