カリッモチッと新感覚。ワインに合う「やきそばガレット」

基本のソース焼きそば、シンプルな塩焼きそば、ナンプラーとシーフードでエスニック・・・簡単に作れてバリエーションも豊富な人気の焼きそば。冷蔵庫や冷凍庫に、やきそば麺をストックしている方も多いでしょう。

市販の調理用やきそばの主流は3食入り。中途半端に残って困るなと思ったことはありませんか?そこで今回は、新感覚のやきそば麺アレンジ。カリッモチッの食感と、ちょっと焦げたチーズのこうばしさがたまらない!やきそばガレットをご紹介します。

材料:1~2人分

やきそば麺 1人分
A ピザ用ミックスチーズ 40g
A オリーブオイル 大さじ1
A 塩・黒コショウ 少々
ケチャップ・パセリ 適宜

作り方

【1】やきそば麺は冷たいままでは扱いにくいので、一度温めましょう。耐熱ボウルに入れてふんわりラップをし、電子レンジで1分ほど加熱します。たったこれだけで、水を加えなくてもスルスルほぐれてくれます。
Aを加え、全体を軽く混ぜます。

【2】フライパンへ【1を入れ、厚みが均一になるように形を整えます。多少空間があいていても大丈夫。チーズが糊の役目をしてくれます。
形が整ったら弱火で加熱。最初はしばらくいじらずに、チーズが溶けるまでじっと待ちましょう。2分ほど経過しチーズが溶けてきたら、フライ返しで軽く押しつけるようにします。

【3】4~5分経過すると、淵がこんがり色づいてきます。ここの色は、見えない裏側がどのくらい色づいているかの目安になります。

程よくきつね色に色づいたら、フライ返しで一気に裏返します。カリッとしっかり焼いておけば、裏返す作業も簡単です。

【4】更に弱火で2~3分、フライ返しで軽く押しつけながら焼きます。

両面こんがり焼けたら食べやすい大きさにカット。器に盛り、お好みでケチャップ・パセリを散らして出来上がり。

片手でつまめるカジュアルさも魅力のおつまみ。刻んだハムやベーコンをプラスしたり、仕上げにスクランブルエッグや目玉焼きをのせてもGOOD。急な来客のおもてなしにも活躍してくれそうです。

ワインを合わせるなら、辛口のロゼスパークリングがピッタリ。赤ワインなら、カジュアルクラスの軽やなタイプを選んでみてください。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.