ミネラルとのベストマッチ!浅利とアスパラの白ワイン蒸し

そろそろ、梅雨も明けて夏が来る予感。みなさんは、夏休みどんな計画を立てているのでしょう!?夏休みなんてない…。私は仕事だ…。なんて方もいるのでしょう…^^;

私たちも夏休みはありませんが、今年は10月に遅めの夏休みをいただいてオーストリアに行ってこようと思っています。ウィーンの周辺にはワイン畑がたくさんあるのです♪ウィーン観光を含め、ワイナリーも見学してこようと思っています。今からとても楽しみです!

そこで、今回はオーストリアワインの代表選手、グリューナーヴェルトリーナーとあわせて、おつまみを作っていきましょう★

合わせるワイン


オーストリア グリューナーヴェルトリーナー / マッハヘルンドゥル

ドナウ渓谷に横たわるヴァッハウ。そのドナウ川を見下ろす急斜面の畑。オーストリアのコート・ドールとたとえられるほど。

グリューナーヴェルトリーナーの銘醸地です。マッハヘルンドゥル当主は、栽培・醸造ともに伝統的な手法を重んじ、ワインは全て単一畑の葡萄から。人為的、化学的介助を極力減らし、高品質なワイン造りを心掛けているそうです。

丹精込めて造っているんですね~。

材料:1~2人分


浅利 200g
※砂抜きをしておく。
アスパラ(大) 2本
プチトマト 4ヶ
にんにく(みじん切り) 1片 
パセリ(みじん切り) 適量 
白ワイン(料理用) 70cc
オリーブオイル 大さじ2

【1】アスパラは、根元部分の厚い皮をピーラーで剥き、適当な大きさに切る。









【2】プチトマトは、ヘタを取り4等分にする。










【3】鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、強火にかける。










【4】にんにくの香りが出てきたら、浅利、アスパラ、白ワインを入れて蓋をする。










【5】浅利の殻が開いたら、プチトマト・パセリを入れひと煮たちさせる。










【6】塩・こしょうで味を整え、皿に盛ったら出来上がり。









いただきます。

まずはワインを一口...リンゴや梨を思わせるフルーツのフレーバー。口に含むとフレッシュな酸と塩気をおびたミネラル、そしてこの品種特有のスパイス感が広がります。

浅利とアスパラの瑞々しい味わいと濃い浅利のエキスが詰まったスープに良く合います。決め手はミネラル!!浅利の旨味とアスパラのミネラルの要素が、このミネラル豊富なグリューナーヴェルトリーナーとベストマッチ(^^)v

みなさんもお楽しみください♪

夫婦で営むカジュアルフレンチ。 厳選した各国のワインとそれに寄り添う料理、心地よい空間。 経堂でホッと息のつける隠れ家です。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.