ミネラルとのベストマッチ!浅利とアスパラの白ワイン蒸し

そろそろ、梅雨も明けて夏が来る予感。みなさんは、夏休みどんな計画を立てているのでしょう!?夏休みなんてない…。私は仕事だ…。なんて方もいるのでしょう…^^;

私たちも夏休みはありませんが、今年は10月に遅めの夏休みをいただいてオーストリアに行ってこようと思っています。ウィーンの周辺にはワイン畑がたくさんあるのです♪ウィーン観光を含め、ワイナリーも見学してこようと思っています。今からとても楽しみです!

そこで、今回はオーストリアワインの代表選手、グリューナーヴェルトリーナーとあわせて、おつまみを作っていきましょう★

合わせるワイン

オーストリア グリューナーヴェルトリーナー / マッハヘルンドゥル

ドナウ渓谷に横たわるヴァッハウ。そのドナウ川を見下ろす急斜面の畑。オーストリアのコート・ドールとたとえられるほど。

グリューナーヴェルトリーナーの銘醸地です。マッハヘルンドゥル当主は、栽培・醸造ともに伝統的な手法を重んじ、ワインは全て単一畑の葡萄から。人為的、化学的介助を極力減らし、高品質なワイン造りを心掛けているそうです。

丹精込めて造っているんですね~。

材料:1~2人分

浅利 200g

※砂抜きをしておく。

アスパラ(大) 2本

プチトマト 4ヶ

にんにく(みじん切り) 1片

パセリ(みじん切り) 適量

白ワイン(料理用) 70cc

オリーブオイル 大さじ2

【1】アスパラは、根元部分の厚い皮をピーラーで剥き、適当な大きさに切る。

【2】プチトマトは、ヘタを取り4等分にする。

【3】鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、強火にかける。

【4】にんにくの香りが出てきたら、浅利、アスパラ、白ワインを入れて蓋をする。

【5】浅利の殻が開いたら、プチトマト・パセリを入れひと煮たちさせる。

【6】塩・こしょうで味を整え、皿に盛ったら出来上がり。

いただきます。 まずはワインを一口...リンゴや梨を思わせるフルーツのフレーバー。口に含むとフレッシュな酸と塩気をおびたミネラル、そしてこの品種特有のスパイス感が広がります。

浅利とアスパラの瑞々しい味わいと濃い浅利のエキスが詰まったスープに良く合います。決め手はミネラル!!浅利の旨味とアスパラのミネラルの要素が、このミネラル豊富なグリューナーヴェルトリーナーとベストマッチ(^^)v みなさんもお楽しみください♪

夫婦で営むカジュアルフレンチ。 厳選した各国のワインとそれに寄り添う料理、心地よい空間。 経堂でホッと息のつける隠れ家です。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.