薬味だけではもったいない!みょうがとチーズのタルティーヌのレシピ

梅雨時から暑い夏に向かうこの季節は、気温も湿度も高くなり、食欲が低下しがちです。そんな時こそ、しっかり食べて元気に過ごしたいですね。

今回は、旬を迎えた香味野菜の「みょうが」とチーズを合わせた簡単おつまみ「みょうがとチーズのタルティーヌ」をご紹介します。

みょうがは、香りの良さが好まれる野菜です。素麵や冷奴の薬味にしたり、味噌汁に散らしたりすると、味のアクセントになりますよね。そして、みょうがの香りには、食欲増進効果の他に、リラックス効果もあるといわれています。肉や魚と合わせると、クセを和らげ食べやすくしてくれる働きがあり、香りが良い食材を使うことは、減塩にもつながります。

材料:2人分

お好みのパン(ライ麦パン等) 2枚
スライスチーズ 2枚
みょうが 3個
マヨネーズ 適量
黒胡椒 適量

作り方

【1】みょうがは横に薄切りにする。(みょうがの渋みが気になる場合は、薄切りにした後さっと水にさらして水分を拭きとる。)

【2】パンにスライスチーズをのせる。

【3】【2】にみょうがをのせ、マヨネーズを絞る。

【4】オーブンまたはオーブントースターで、焦げ目がつくまで焼く。

【5】仕上げに黒胡椒をふって出来上がり!

みょうがは焼くと、さらに香りが引き立ちます。パンは、みょうがやチーズの強い風味を受け止めてくれる、カンパーニュやライ麦パンがおすすめです。チーズはスライスチーズの他に、ピザ用のチーズを使っても美味しく仕上がります。

パンのカリッとした食感と、チーズの塩加減、みょうがのさわやかな香りに、シャキシャキした歯ごたえが良く合う、大人っぽい味わいのおつまみです。

よく冷やしたフレッシュでフルーティーな白ワインと一緒に、楽しんでいただきたい一品です!香りのよい食材をワインのおつまみに取り入れて、ジメジメした季節を元気に乗り越えましょう。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.