サッポロが青山フラワーマーケットと初コラボ!2017年ボージョレ・ヌーボーの予約受注を7月5日より開始!

2017年7月5日より、サッポロビール(株)は、ボージョレ・ヌーボーの予約受注を開始します。今年は花や緑に囲まれた、心豊かなライフスタイルを提案するフラワーショップ、「青山フラワーマーケット」と初めてコラボレーションします。青山フラワーマーケットがスタイリングした花柄をラベルデザインにし、ヌーボーのある食卓を華やかにします。

定番の「ラブレ・ロワ社(注)」のボージョレ・ヌーボーに加え、ボージョレ地区最大の生産量を誇る、アガミー社の「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー ポーボトル」を新らしく販売します。

商品は、フランスボージョレ地方の大衆食堂でワイン提供されるスタイルを、日本でも味わっていただこう!という思いから、「ポー(pot)」と呼ばれる厚底の瓶に詰めて発売されます。

(注)ラブレ・ロワ社は、1832年に創立、ムルソー村とニュイ・サン・ジョルジュ村を拠点とする、ブルゴーニュ地域最大規模の「ネゴシアン・エルヴール」で、多くの客船や航空会社の機内ワインに採用されています。
「ネゴシアン・エルヴール」とは、契約農家や契約ドメーヌへの栽培・醸造指導も行うワイン商の呼称で、醸造・瓶詰め済のワインを、ドメーヌから買い付ける一般のワイン商とは、一線を画します。

問い合わせ先
サッポロビール(株)お客様センター
TEL:0120-207-800

編集部のコメント

青山フラワーマーケットのスタイリングによる花柄のラベルデザインは、シックで可愛らしくもあり、とっても素敵ですね!ぜひ食卓を彩る一部にこちらのデザインボトルを並べたいです。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.