スッキリ白ワインに合わせたい。イワシとトマトのオーブン焼き

暑い日は火を使う料理を避けたい気分の日もありますよね。そんなときはオーブン焼きが便利です!今回は旬のイワシとトマトを使った簡単レシピをご紹介します。 

イワシは魚屋さんにお願いして下ろしてもらえば、あっという間にオーブンに入れられますよ!さらにミニトマトとドライハーブを使えば、包丁を使わずに作ることも可能です。

材料:2人分

イワシ(3枚下ろし) 2尾分
トマト、ミニトマトなど 200g
パン粉 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1/2
パセリ、バジル等(刻んだものまたはドライ) 少々
塩、こしょう 少々

作り方

【1】トマトを一口大に切る。ミニトマトであればヘタを取るだけでOKです。

【2】耐熱皿に【1】のトマト、ミニトマトを並べ、イワシを乗せて塩・こしょうを振り、パン粉とパセリ・バジルを合わせてかけ、その上からオリーブオイルを回しかけます。200度のオーブンで15分ほど焼いて完成。

パセリやバジルなどのハーブは、フレッシュでもドライでも良いです。イワシやトマトに合うハーブを使うと良いでしょう。また、パン粉の中に粉チーズを混ぜて作っても美味しくいただけますよ。

合わせるワイン

合わせるワインは、スッキリした辛口の白ワインが良いでしょう。脂ののったイワシも美味しくいただけます。料理全体の味わいは、それほど濃くないので、あまり重くないワインと相性が良いです。トマトとオリーブオイル、ハーブを使った南イタリア風の料理なので、その地方のワインを合わせて楽しむといいかもしれませんね!

サントリー
【世界が認めるトスカーナ最高峰ワインメーカー】カザマッタ ビアンコ 750ml [イタリア/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

暑い季節も、工夫次第で手軽に美味しいおつまみが作れます。サクサクのパン粉と、ジューシーに焼きあがったイワシとトマトが絶品なので、焼きたてを冷やしたワインと一緒に味わってくださいね。

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.