お洒落なチーズカッティング&盛り付け「チーズプラトー」の世界

お店でチーズを頼むと、お皿に素敵に盛り付けられたチーズが出てきますね。一見難しそうに見えますが、少し工夫をすれば、自分でも素敵なプラトーを作ることができます。

チーズプラトーとは?

フランス語で「プラトー」は、お皿という意味です。

チーズプラトーは、主にチーズをお皿やカッティングボードに綺麗に盛り付け、見た目も楽しめるようにしたものです。パーティーや自宅で友人にチーズを提供する際、フォトジェニックなチーズプラトーはとってもオススメです!

簡単なものから高い技術まで

チーズをキューブ上にカットするだけでも、丁寧に並べればチーズプラトーの完成です!固すぎないチーズであれば、クッキーの型などでくりぬいて、簡単に可愛らしい形のチーズを作ることができます。シェーブルチーズの白さを生かして積み重ねると、ケーキのようになり、デザートプレートにもみえます。

日本では100g単位のカットチーズを見かけることが多いのですが、外国ではホールごとチーズが陳列されていることが多く、皆さん大きなカットで購入していきます。そんなホールチーズに、大胆な彫刻のチーズカットをするアートも見かけます。

どこに盛り付ける!?

一般的にチーズプラトーは名前の通り、プレートに盛り付けることが多いのですが、時にはルスティックブリーチーズなどに使われる箱を、再利用して盛り付けられたりします。もともとチーズの入れ物なので、相性はとてもいいですし、雰囲気が出ます。

修道士の頭という意味のテット・ド・モワンヌなどのチーズは、チーズの削り器「ジロール」でカットして、花びらのような形にするのが定番です。ぜひ自宅でのチーズプラトーにも採用して、花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

また、和のデザインとコラボレーションして、お盆などにチーズプラトーを作っても綺麗です。切って丁寧に並べるだけでも、チーズを美しく見せることはできるんです!箸でいただくチーズもおつですね。

チーズプラトーを学ぶ

日本でもチーズプラトーの魅力が広がってきており、学べるスクールや、チーズプラトー検定2級・1級などの資格も登場しています!カットや盛り付けを学びながら、チーズの知識が増えていくというのも素敵ですよね。

・日本チーズアートフロマジェ協会

世界最優秀フロマジェコンクール2013で優勝した村瀬美幸氏が理事、2013年よりチーズを専門とするスクールを軸に食育事業部ザ・チーズルームを運営する金子敏春氏が代表理事を務める協会です。

https://cheeseart-fromager.jp/

・世界のチーズ専門店 オーダーチーズ

チーズのネット販売で有名な、世界のチーズ専門店 オーダーチーズさんでは、たくさんのチーズプラトーのテクニックをHPで紹介しています。

明日からすぐにできる、真似したくなる技が豊富なのでぜひ試してみてください。

http://www.order-cheese.com/user_data/plateau.php

チーズプラトーが購入できるお店

自分で学ぶのも良いですが、チーズ専門店の中にはチーズプラトーを販売しているお店もあります。パーティーの準備が簡単になるだけでなく、あるだけでテーブルが華やかになるチーズプラトーは、とってもオススメです。

・Fermier(フェルミエ)

チーズ専門店フェルミエでは、オーダーメイドでチーズプラトーの注文を受けています。ぜひイメージや、カラーテーマなどを伝えて、世界に一つしかないチーズプラトーを注文してみてください!個人のお客さんから飲食店のパーティーまで、幅広く対応しているようですよ。

https://www.fermier.co.jp/

・チーズ専門店 アルパージュ

チーズプラトーの注文ではありませんが、チーズプラトーをご自身で作る際に役立つチーズナイフや、チーズの花びらが作れるジロールなどのチーズ関連の機械が揃っています。ぜひ家に揃えて素敵なプラトーを作りたいですね。

http://alpage.co.jp/www/common/goods.htm

まとめ

フランスを中心に、ワインをサービスするソムリエ、ケーキを作るパティシエ、パン職人のブーランジェのように、職業の名称は様々です。そして、チーズ熟成士やチーズプラトーなど、チーズに関わる「フロマジェ」の世界も、とても豊かです。

ぜひチーズプラトーを通して、フロマジェになってみませんか?

岐阜出身。2013年在学中にGnR代表に就任。2015年慶応義塾大学・理工学部卒。学生時代、オランダから来たベジタリアンの留学生Miekeと出会い、彼女の実家のオーガニック牧場のチーズ輸入をスタート。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.