お洒落なチーズカッティング&盛り付け「チーズプラトー」の世界

お店でチーズを頼むと、お皿に素敵に盛り付けられたチーズが出てきますね。一見難しそうに見えますが、少し工夫をすれば、自分でも素敵なプラトーを作ることができます。

チーズプラトーとは?

フランス語で「プラトー」は、お皿という意味です。

チーズプラトーは、主にチーズをお皿やカッティングボードに綺麗に盛り付け、見た目も楽しめるようにしたものです。パーティーや自宅で友人にチーズを提供する際、フォトジェニックなチーズプラトーはとってもオススメです!

簡単なものから高い技術まで

チーズをキューブ上にカットするだけでも、丁寧に並べればチーズプラトーの完成です!固すぎないチーズであれば、クッキーの型などでくりぬいて、簡単に可愛らしい形のチーズを作ることができます。シェーブルチーズの白さを生かして積み重ねると、ケーキのようになり、デザートプレートにもみえます。

日本では100g単位のカットチーズを見かけることが多いのですが、外国ではホールごとチーズが陳列されていることが多く、皆さん大きなカットで購入していきます。そんなホールチーズに、大胆な彫刻のチーズカットをするアートも見かけます。

どこに盛り付ける!?

一般的にチーズプラトーは名前の通り、プレートに盛り付けることが多いのですが、時にはルスティックブリーチーズなどに使われる箱を、再利用して盛り付けられたりします。もともとチーズの入れ物なので、相性はとてもいいですし、雰囲気が出ます。

修道士の頭という意味のテット・ド・モワンヌなどのチーズは、チーズの削り器「ジロール」でカットして、花びらのような形にするのが定番です。ぜひ自宅でのチーズプラトーにも採用して、花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

また、和のデザインとコラボレーションして、お盆などにチーズプラトーを作っても綺麗です。切って丁寧に並べるだけでも、チーズを美しく見せることはできるんです!箸でいただくチーズもおつですね。

チーズプラトーを学ぶ

日本でもチーズプラトーの魅力が広がってきており、学べるスクールや、チーズプラトー検定2級・1級などの資格も登場しています!カットや盛り付けを学びながら、チーズの知識が増えていくというのも素敵ですよね。

・日本チーズアートフロマジェ協会

世界最優秀フロマジェコンクール2013で優勝した村瀬美幸氏が理事、2013年よりチーズを専門とするスクールを軸に食育事業部ザ・チーズルームを運営する金子敏春氏が代表理事を務める協会です。

https://cheeseart-fromager.jp/

・世界のチーズ専門店 オーダーチーズ

チーズのネット販売で有名な、世界のチーズ専門店 オーダーチーズさんでは、たくさんのチーズプラトーのテクニックをHPで紹介しています。

明日からすぐにできる、真似したくなる技が豊富なのでぜひ試してみてください。

http://www.order-cheese.com/user_data/plateau.php

チーズプラトーが購入できるお店

自分で学ぶのも良いですが、チーズ専門店の中にはチーズプラトーを販売しているお店もあります。パーティーの準備が簡単になるだけでなく、あるだけでテーブルが華やかになるチーズプラトーは、とってもオススメです。

・Fermier(フェルミエ)

チーズ専門店フェルミエでは、オーダーメイドでチーズプラトーの注文を受けています。ぜひイメージや、カラーテーマなどを伝えて、世界に一つしかないチーズプラトーを注文してみてください!個人のお客さんから飲食店のパーティーまで、幅広く対応しているようですよ。

https://www.fermier.co.jp/

・チーズ専門店 アルパージュ

チーズプラトーの注文ではありませんが、チーズプラトーをご自身で作る際に役立つチーズナイフや、チーズの花びらが作れるジロールなどのチーズ関連の機械が揃っています。ぜひ家に揃えて素敵なプラトーを作りたいですね。

http://alpage.co.jp/www/common/goods.htm

まとめ

フランスを中心に、ワインをサービスするソムリエ、ケーキを作るパティシエ、パン職人のブーランジェのように、職業の名称は様々です。そして、チーズ熟成士やチーズプラトーなど、チーズに関わる「フロマジェ」の世界も、とても豊かです。

ぜひチーズプラトーを通して、フロマジェになってみませんか?

TAGS

岐阜出身。2013年在学中にGnR代表に就任。2015年慶応義塾大学・理工学部卒。学生時代、オランダから来たベジタリアンの留学生Miekeと出会い、彼女の実家のオーガニック牧場のチーズ輸入をスタート。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.