日本のワイナリーを応援しよう!ブドウの苗木のオーナーになってみませんか?

現在、日本国内には大小240を超えるワイナリーがありますが、特に近年に起業したワイナリーの中には、ブドウ畑の環境やワイナリーの設備を整えるために、ブドウの苗木のオーナーを募って出資金を集め、出来上がったワインをオーナーに配当する、ブドウの苗木オーナー制度を運用しているところがいくつかあります。

ワインが好きな人にとっては、1万円程の入会金で、ブドウの栽培から収穫も体験でき、自分がお世話したブドウで造られたワインが飲めるというのは、ワインの新たな楽しみ方かもしれません。今回はオーナー制度を導入している、日本のワイナリーをまとめてみました。

ブドウの苗木オーナーを行っているワイナリー一覧

CAVE D’OCCI(カーブドッチ・ワイナリー)

所在地:新潟県新潟市西蒲区角田浜1661

【ヴィノクラブ】

申込金:一口 10,800円(税込み)
期間:5年間

<特典>
・一口に対して苗木1本のオーナーになれる
・一口に対して毎年1本のワインのプレゼント
・ワイナリーのショップや直営レストランでの割引き
・ワイナリーツアーやワインの試飲が無料になる、等

ホームページはこちら

Rue de Vin(リュー・ド・ヴァン)

所在地 :長野県東御市祢津405

【ワイン会員】
申込金:30,000円(税込み)
期間:10年間を目処に、送られたワインの合計が所定の金額になるまで
<特典>
・入会後、4年目から6年間を目処に合計金額が33,000円相当になるまで毎年ワインのプレゼント
・ブドウの苗木のオーナーになれる
・ブドウ畑での農作業に優先的に参加できる、等

ホームページはこちら

SAYS FARM(セイズ・ファーム)

所在地:富山県氷見市余川字北山238

【SAYS FARMクラブ会員】

申込金:一口 20,000円(税抜き)
期間:3年間
<特典>
・毎年ワイン2本(白ワイン:シャルドネ、赤ワイン:メルロー)のプレゼント
・ワイナリー見学無料
・STAY宿泊料10%OFF、等

ホームページはこちら

白山ワイナリー

所在地:福井県大野市落合2-24

【ワインの樹オーナー制度】

入会金:一口 10,000円
期間:5年間

<特典>
・一口につきワインの樹1本のオーナーになれる
・毎年2,500円分の商品引換券のプレゼント
・山ブドウ栽培教室やブドウ畑のサポーター、醸造体験などに優先的に参加できる、等

ホームページはこちら

Fermier(フェルミエ)

所在地:新潟県新潟市西浦区越前浜4501 

【ぶどうの苗木オーナー制度】

入会金:24,000円(税抜き)
期間:1年間
<特典>
・ブドウの苗木のオーナーになり、毎年栽培や収穫体験のイベントに参加できる
・飲み頃のワインを年6本プレゼント
・ワイナリーでのお買い物やレストラン利用時の割引き、等

ホームページはこちら

最後に

入会の条件は各ワイナリーによって様々ですが、共通している特典は、ワイナリーツアーの無料参加や、ブドウの栽培、収穫作業を体験できること、そして、そのワイナリーで造られたワインがプレゼントされることです。入会者にとって、農園訪問で生産者とコミュニケーションがはかれることは大きな魅力でしょう。

日本のワインの歴史はまだ浅く、これからの発展がますます期待されています。現在も新たに入植してワイン造りを目指す人は増え続けていますが、大きな資本をもとにワイナリーを起こすことができる人は僅かで、荒廃農地を一から開拓しなおすことから始め、数年かかってやっとワインのファーストリリースに漕ぎ着ける個人生産者も多くいます。

ですから、こういったブドウの苗木オーナー制度は、基本的には生産者がワイナリーの運営資金を調達するために行っていますが、その大義は、昨今の日本ワインの人気を一時的なものに終わらせることなく、持続可能な産業として発展させていくためでもあるのです。

生産者の努力とともに、私達消費者もまたワインの生産に関心を持ち、楽しみながら応援することができれば、日本のワインはこれからもきっと躍進するでしょう。

※今回紹介したワイナリーのブドウの苗木オーナー制度は、募集期間を設けていたり、各々の入会条件がありますので、興味のある方は必ずワイナリーのHP等で詳細をご確認の上、お申込み下さい。

ワインコーディネーター。大学では仏文学を学び、渡仏。帰国後は都内屈指のワイン専門店に十数年勤務。現在は主にワインに関連するイベントや飲食店等のプロデュースを行う。JSA公認ワインアドバイザー。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.