エノテカが2016年ヴィンテージ・ボルドー・プリムールを7月24日より販売開始

2017年7月24日正午より、エノテカ株式会社は2016年ヴィンテージ・ボルドー・プリムールの販売を開始します。この販売に先駆け、クラブエノテカVISAカード会員様限定で2017年7月17日正午~7月24日午前11時59分にかけて優先販売を行います。(商品の閲覧およびご注文には認証ナンバーが必要です)

「プリムール」とは、樽熟成中のワインを限定先行販売するボルドー独自の販売システムであり、エノテカ株式会社が日本で初めて一般消費者向けのプリムール販売を行いました。特級シャトーとの直接取引による最高レベルの品揃えと、国際価格での販売だけでなく、2年後の提供時にはワインは全てシャトー蔵出しにて手配されます。生産者とお客様を最短距離でつなぎ、他では真似のできない最高のコンディションのワインを提供します。

2016年ヴィンテージの特徴

2009年の果実味、2010年の酸味を兼備した新時代のグレートヴィンテージです。2016年の気候は、1年を通じて温暖でしたが、6月までは雨の湿気に悩まされ、夏から秋の収穫が終わる頃にかけては非常に乾燥した気候が続きました。10月の収穫時期の奇跡的な晴天によって、多くのシャトーが最高の状態で収穫につながりました。

特に出来の良かった赤ワインは、2015年や2010年、2009年といったグレートヴィンテージと比べてアルコール度数が低く、みずみずしい果実味と豊富なタンニンがありつつも、スムースな仕上がりです。

エノテカ・レンタルセラーキャンペーン

2016年ボルドー・プリムールをお買い上げの方限定で、2 年後のワインお引渡し時にエノテカ・レンタルセラー初回保管料3ヵ月分(通常税込1,620円)が無料となるキャンペーンを実施します(ただし、6ヵ月以上のご契約が必須条件となります)。 

最新の価格・在庫状況

プリムール専門サイト:www.primeur.co.jp
エノテカ・オンライン:www.enoteca.co.jp

編集部のコメント

プリムールのパイオニアのエノテカによる、2016年のボルドーワインのヴィンテージが手に入るこの機会をお見逃しなく!2年後に蔵出しより届くワインが楽しみですね。

TAGS

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.