夏でもお肉が食べたい!夏野菜たっぷりのプルコギビーフ

暑い季節は食欲がなくなりがちですが、夏バテをしないためにも、お肉でしっかりとパワーを補いたいですよね!そんなときにオススメの肉料理「夏野菜たっぷりプルコギビーフ」をご紹介します。フライパン1つで、あっという間にできて、野菜もお肉もたくさん食べられるレシピです。

プルコギは甘辛いタレで味付けした、焼肉とすき焼きの中間的なイメージの韓国料理です。お酒もご飯もすすむ味ですね。今回は、お肉に夏野菜をたっぷりと加えました。野菜は何でも合いますが、特に旬のズッキーニを加えると彩もよく、栄養価もUPします。

ズッキーニは細長い緑の形をしているので、キュウリの仲間だと思われがちですが、カボチャの一種です。クセもなく、生のままサラダにするとシャキシャキした食感を楽しめますし、煮込み料理に使うと、茄子のような食感になり甘みも出ます。また、油との相性も良く、フリッターにもおすすめの野菜です。

材料:2人分

牛肉切り落とし 150g

Aしょうゆ 大さじ1と1/2
Aみりん 大さじ1
Aごま油 小さじ1
Aおろしにんにく 小さじ1/4
Aすりごま 大さじ1/2
Aこしょう 少々

人参 1/3本
ズッキーニ 1/4本
玉ねぎ 1/2個

作り方

【1】にんじん、ズッキーニは細切りに、玉ねぎは5mm幅の薄切りにする。牛肉にAを揉みこみ、フライパンに広げる。 

【2】野菜をのせて火をつける。 

【3】牛肉の下側に焼き色がつく位になったらざっくり混ぜる。 

【4】全体に火が通ったら出来上がり。

美味しく作るポイントは、先にお肉にしっかりと味付けをすることです。お肉と野菜を一度に炒めると、野菜から水分が出て味がぼやけてしまうので、味付けしたお肉を先に炒めることでメリハリのある仕上がりになります。

そして、野菜はすぐに火が通るように細く切っておき、炒めすぎてお肉が硬くなるのを防ぎましょう。火のそばにいる時間が短いのも、暑い夏には嬉しいレシピですね。

最後に

ズッキーニに含まれる栄養素のカリウムは、塩分を排出し、むくみを防ぎます。ビタミンCは疲労回復や肌荒れ防止になりますし、カロテンやビタミンBで代謝も上がります。夏にたくさん摂りたい野菜ですね。

食欲の落ちる夏も、お肉と野菜をバランスよく、たっぷり食べて元気にお過ごしくださいね!

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.