夏でもお肉が食べたい!夏野菜たっぷりのプルコギビーフ

暑い季節は食欲がなくなりがちですが、夏バテをしないためにも、お肉でしっかりとパワーを補いたいですよね!そんなときにオススメの肉料理「夏野菜たっぷりプルコギビーフ」をご紹介します。フライパン1つで、あっという間にできて、野菜もお肉もたくさん食べられるレシピです。

プルコギは甘辛いタレで味付けした、焼肉とすき焼きの中間的なイメージの韓国料理です。お酒もご飯もすすむ味ですね。今回は、お肉に夏野菜をたっぷりと加えました。野菜は何でも合いますが、特に旬のズッキーニを加えると彩もよく、栄養価もUPします。

ズッキーニは細長い緑の形をしているので、キュウリの仲間だと思われがちですが、カボチャの一種です。クセもなく、生のままサラダにするとシャキシャキした食感を楽しめますし、煮込み料理に使うと、茄子のような食感になり甘みも出ます。また、油との相性も良く、フリッターにもおすすめの野菜です。

材料:2人分

牛肉切り落とし 150g

Aしょうゆ 大さじ1と1/2
Aみりん 大さじ1
Aごま油 小さじ1
Aおろしにんにく 小さじ1/4
Aすりごま 大さじ1/2
Aこしょう 少々

人参 1/3本
ズッキーニ 1/4本
玉ねぎ 1/2個

作り方

【1】にんじん、ズッキーニは細切りに、玉ねぎは5mm幅の薄切りにする。牛肉にAを揉みこみ、フライパンに広げる。 

【2】野菜をのせて火をつける。 

【3】牛肉の下側に焼き色がつく位になったらざっくり混ぜる。 

【4】全体に火が通ったら出来上がり。

美味しく作るポイントは、先にお肉にしっかりと味付けをすることです。お肉と野菜を一度に炒めると、野菜から水分が出て味がぼやけてしまうので、味付けしたお肉を先に炒めることでメリハリのある仕上がりになります。

そして、野菜はすぐに火が通るように細く切っておき、炒めすぎてお肉が硬くなるのを防ぎましょう。火のそばにいる時間が短いのも、暑い夏には嬉しいレシピですね。

最後に

ズッキーニに含まれる栄養素のカリウムは、塩分を排出し、むくみを防ぎます。ビタミンCは疲労回復や肌荒れ防止になりますし、カロテンやビタミンBで代謝も上がります。夏にたくさん摂りたい野菜ですね。

食欲の落ちる夏も、お肉と野菜をバランスよく、たっぷり食べて元気にお過ごしくださいね!

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.