シャンパンのコピーじゃない!3大CAVA(カヴァ)と魅力を紹介♪

泡があるとキラキラしていて、なんだか楽しく、気持ちを明るくhappyにしてくれるスパークリングワイン。ひと口にスパークリングワインといっても、産地により名称や製法、使用品種、味わいもさまざま。世界にはいろいろなスパークリングワインがあります。

その代表格と言えるのが「シャンパン」。しばしばスパークリングワインの総称のように誤解されますが、正確には、シャンパーニュ地方の限られた地域で造られるスパークリングワイン。トラディショナル方式と呼ばれる瓶内二次発酵製法、ブドウ品種や熟成期間など、厳しい規定をクリアしないとシャンパンと名乗ることはできません。

CAVAは、このシャンパーニュと同じ製法により、スペインで造られたスパークリングワインのこと。安価で美味しいと、ワイン業界やファンの間で注目を集めています。

CAVAとシャンパンの違い

CAVAはシャンパンのコピーではありません。泡のきめ細かさや、熟成した味わいに加え、フレッシュな果実味の奥に感じられる力強さ。「マカベオ」「チャレッロ」「パレリャーダ」というスペイン固有のブドウ品種を使うことで、CAVAならではの味わいを楽しめます。

また、製造工程で加える糖(ドサージュ)の量により、Extra Brut(エクストラ ブリュット・辛口)~Semi Seco(セミ セコ・甘口)~Dulce(ドゥルセ・極甘口)まで7つのタイプに分類。温暖で気候の安定した、スペインのブドウ品種ならではの果実味や味わいは、ドサージュなしのBrut Nature(ブリュット ナトゥーレ)も生み出しました。

手に入りやすい3大CAVAとは

日本で手に入りやすい3大CAVAは、フレシネ(国内のシェア・知名度ともにNO1)、コドーニュ(スペインで初めてCAVAを造り上げた老舗ワイナリー)、セグラビューダス(世界最優秀ワイナリー賞受賞)。

CAVAは9カ月以上の熟成が定められていますが、貯蔵熟成がより長期の物は、Reserva(レセルバ・15カ月以上)、Gran Reserva(グランレセルバ・30カ月以上)と表示されます。とびきり爽やかで元気な泡はCAVA、熟成してエレガントな味わいはグランレセルバ、その日の気分や料理に合わせたCAVA選びの目安にもできますね。

CAVAの生産地は限定されていない?!

ちなみにCAVAはDO(原産地呼称制度)の中で唯一、生産地が一つに限定されていません。現在は7つの州160の地域が指定され、9割はカタルーニャ地方で造られています。CAVAは英語でCAVE、ワインの熟成に使われる「洞窟」が名前の由来なんだそうです。

フレッシュだけど飲みごたえがあり、土地の風の香りを感じられるCAVA。キリリと冷やせば前菜に、少し温度があがってきたら、お肉料理やデザートまで、1本で通せちゃう万能さも魅力です。お好みに合わせて、まずはカジュアルなシーンで試してみてください。

ホームページ | ブログ | instagram
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.