ナパで活躍する日本人醸造家林氏、初のオリジナルワインが販売開始

 サイエストインターナショナル株式会社は、映画監督のフランシス・フォード・コッポラの所有するワイナリーにて、初の日本人醸造家として活躍した林泰久氏の独立後初のワイン「PAULOWNIA(パウロニア)」を販売いたします。

会員制ワインショップ THE STELLA

THE STELLAとは世界中のワイン愛好家を組織した完全会員制のワイン愛好家向けワインコミュニティです。

カルフォルニアナパヴァレーの著名ワイナリーにてディレクターとして活動した秋月康孝を監修に迎え、世界のプレミアムワインを、日本を筆頭にアジア全土へ紹介しています。

THE STELLA

日本人醸造家・林泰久氏について

日本のサラリーマンだった林氏は、2000 年に米国カリフォルニアのナパヴァレーの名門ワイナリー、イングルヌックに入社(当時はニーバム・コッポラと言うワイナリー名)しました。世界中で活躍する日本人醸造家はいますが、林氏の様に高級ワイナリーに日本人として入り、15年間の努力を続け、晴れてenologist(醸造家)になった人は彼だけです。 

映画監督コッポラ氏とシャトーマルゴーフィリップ・バスコール総支配人も認め、日本人醸造家達の頂点に立ち、アメリカンドリームを叶えた一人と言えます。

ワインの購入方法

今回、販売されるワインは、流通本数が1200本と限られているため、会員制ワインショップ「THE STELLA」限定となります。

・Fiagship-2015 PAULOWNIA Glass Maountain Vineyard
 Cabernet Sauvignon
 希望小売価格:\15,000円
(税抜)

 

・2nd Label-2015 BONNE ODEUR
 Cabernet Sauvignon
 
希望小売価格:\7,500円(税抜)

 

・2016 BONNE ODEUR Rose
 
希望小売価格:\2,800円(税抜)

THE STELLA

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.