片手でパクッ!栄養満点な大人のおつまみピンチョスバーガー

暑い日が続いてますが、夏バテしていませんか?食欲がなくなる時期は、冷たい飲み物ばかりで栄養が不足しがちです。タンパク質不足も夏バテの原因になります。

そんな時にオススメなのは、疲労回復効果もあるビタミンB1の多い、豚肉や鶏肉です。今回は豚挽肉を使用した見た目も可愛いミニサイズのピンチョスバーガーをご紹介します。この時期のワインのおつまみにオススメです。

材料(4人分)

豚挽肉 200g
えのき茸(石づきを取り除いて) 正味100g

A白だし 大さじ1と1/3
A溶き卵 1/2
Aこしょう 少々
A片栗粉 大さじ1/2

サラダ油 少々
野菜(ズッキーニ、ヤングコーン、アスパラ等)

 

【バーガーマヨソース
マヨネーズ 10g
柚子こしょう 小さじ1/3

作り方

【1】えのき茸は細かく切ります。オーブンを200℃に予熱をあげます。

【2】ボウルに豚挽肉とえのき茸、Aを入れ良く混ぜます。空気抜きしたら、8等分に丸めます。

【3】食べやすい大きさに切った野菜に油少々と分量外の塩少々を絡めます。

【4】クッキングシートを敷いたオーブン皿に【2】と野菜を並べます。  

【5】200℃に予熱のあがったオーブンに【4】を入れて15分程焼きます。途中5分程したら、野菜だけ先に取り出します。

【6】ハンバーガーソースの材料を混ぜ、半分に切ったハンバーグに塗ります。焼いた野菜やスライスしたトマトをはさみ、オリーブやピクルス等と一緒にピックに刺して完成です。

今回は中に焼いたズッキーニや、スライスしたプチトマトを挟みましたが、葉野菜やチーズ、アボカド等お好みのもので作れます。バーガーソースも、柚子こしょうの代わりにマスタード、わさびを混ぜても美味しくできます。オーブン調理でご紹介していますが、フライパンでじっくり蓋をして蒸し焼きにしても同じようにできます。

オーブンで調理すれば、厚みのある肉団子でも形を崩さず、焦げずに綺麗に焼く事ができます。又、一度にたくさんの量を作る事もでき、付け合せの野菜も一緒に焼けるので便利です。予熱は早めにあげておくと、待ち時間がなく、段取りよく作る事ができますよ。

バーガー生地には、えのき茸を刻んだものを混ぜることで、食物繊維豊富でカロリーは控えめ。ふっくら弾力ある食感に仕上げることができます。見た目も可愛く、ホームパーティーでも喜ばれる一品のミニサイズのピンチョスバーガー。冷えたスパークリングワイン、白ワイン、ロゼワインに合わせて楽しんでください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.