自宅で簡単スペイン料理!しらすのアヒージョのレシピ

私の専門はスペインの家庭料理なのですが、「スペイン料理ってパエリアくらいしか知らない」というのが一般的。ところがここ数年でぐんと注目率が高まり、ガスパチョや厚焼きオムレツなどいろんな料理名が出てくるようになりました。

中でも人気急上昇中なのが「アヒージョ(ajillo)」です。たっぷりのオリーブオイルにニンニクと具を入れぐつぐつ煮込むお料理で、鶏肉やキノコ、エビ、イカ、牡蠣など具バリエも豊富です。

時々、具だけを食べてる方を見かけますが、これは非常にもったいない!アヒージョの主役は具ではなく、旨みがたっぷり溶け出したオイルの方なんです。バゲットを浸して食べれば・・・これはもう、ワインを飲まずにいられません!

ところでこのアヒージョ、自分で作ってみたことはありますか?

用意する材料も調味料も少ない上に、包丁なしでも作れちゃう。実は初心者さんでも簡単に作れる嬉しいお料理なんです。

今回は、下ごしらえ不要の手軽なしらすでアレンジしました。しらすは冷凍庫で2~3週間保存できるし、凍ったままオイルに入れられるお助けアイテム。思い立ったらすぐ作れちゃいますよ。

しらすのアヒージョ



[難易度]★☆☆
[調理時間]10分

[材料]
しらす(釜揚げ) 40g
ニンニク 1片
オリーブオイル 大さじ4
塩小さじ 1/3
パン



【1】ニンニクは潰してからみじん切りに。包丁が苦手なら潰すだけでOK。繊維を壊すことで、ニンニクの香りが一段と引き立ちます。










【2】カスエラにオリーブオイル、塩、【1】で使用したニンニク、お好みで唐辛子(輪切り)少々を入れ、弱火で3~4分煮ます。










【3】ニンニクがきつね色になったら、しらすを加え一煮立ち。










【4】オイルが主役のお料理なのでパンは必須。バケットや食パンなど、バターを加えないシンプルな物がオススメです。











カスエラは直火調理可能なスペインの伝統的な耐熱容器。雑貨屋さんなどで販売されてます。手に入らなければ小鍋やフライパンで、直火可能な物であればココットやグラタン皿でも代用できますよ。

さて、何飲もう?

『Baron Manzanilla(バロン・マンサニージャ)』

[分類]シェリー・辛口
[生産]スペイン
[品種]パロミノ100%

シェリーとはスペイン南部アンダルシア地方で造られる、白ワインにブランデーやアルコールを添加させたもの。芳醇な樽香が特徴で、味わいは辛口からごく甘口までバリエーションも豊富。中でもバロンの造るシェリーはコストパフォーマンスにも優れ、地元でも大人気です。

今回選んだマンサニージャは、シェリーの中でも比較的軽やかでやわらか、幅広いお料理と相性の良いタイプ。華やかで爽やかな塩味と、艶っぽい飲み口。
「しらすのアヒージョ」と一緒に飲めば、オイルを軽快にしながら、しらすの海の香りと甘みをさらに心地よいものに。ちょっとだけ、スペインの港町気分を味わえちゃいます。

シェリーではなく普通のワインと合わせたい!という場合は、塩味を帯びた白ワインがオススメ。海の近くで造られた物から選んでみてください。

加瀬まなみ ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。
記事一覧 / プロフィール
Contents

話題のコラム

毎月届く!あなたの探していた季節のお手頃美味ワイン 厳選したワインセットをお届けします! 4,320円(税込・送料込)

ソーシャル

  • follow us in feedly
Page Top
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。