栗レシピ!ワインと相性の良い栗のキャラメリゼ

こんにちは。KITCHEN CLOWN 五十嵐です。日に日に秋が深まってきましたね。

秋と言えば、欠かせません。。。そうです!栗!!この時期になると様々なところで、見かけます。栗ごはんや焼き栗、モンブラン。

今回は、ワインのお供になる栗レシピをご紹介します。甘すぎず、胡椒が効いていてワインに合う。くせになる味わい♡栗好きの方は必見ですよ(^o^)丿

合わせるワイン

米・カルフォルニア シャルドネ / ヴィラ・マウント・エデン 1880年代から、ナパヴァレーに存在する歴史あるワイナリー。海からの冷たい風をうける冷涼な気候。爽やかな酸味はマロラクティック発酵をすることにより、よりまろやかに。フレンチオーク新樽を33%使用し、9か月熟成。

このおつまみを口にした時、すぐにシャルドネ!!と浮かびました。それもちょっと、コックリしてボリュームのあるシャルドネ。

カリフォルニアがいいな~と!みなさんも是非、栗とともに秋の夜長を楽しんでくださいね(^o^)丿

材料:1~2人分

栗 500g

※できれば半日、水につけておく

グラニュー糖 30g

白ワイン 30g

バター 30g

塩・こしょう 適量

作り方

【1】鍋に栗を入れ、かぶる位の水を入れる。水の1%の塩を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして、40分程茹でる。粗熱がとれるまで、おいておく。

【2】冷めたら、栗の皮をむく。

【3】鍋に砂糖とバターを入れ火にかける。

【4】バターが溶けてきたら、鍋をゆすり、キャラメル色にしていく。

【5】キャラメル色になったら、栗を入れ混ぜる。

【6】全体的に混ざったら、白ワインを入れて煮詰める。

【7】キャラメル状になったら、塩・こしょうをして味を整える。皿に盛ったら、出来上がり。 ※温かくても冷めても美味しいです。

日持ちもするので、いっぱい作っておいても、毎晩少しずつワインのおともにどうぞ!!それでは、いただきます。

まずは、ワインから...グラスに注いだ瞬間から樽の香りが広がります。そして、トロピカルフルーツやバニラの香りと複雑で、これだけでおつまみをいただけそうです。味わいは、さらに濃厚でボリューム感のある果実味ですが、酸味もしっかりとあり、エレガントさも兼ねそなえています。

続いて栗ですね~。甘くてホクホク。焦がしバターにより、コクが出て、香ばしくナッティー。このシャルドネに、合わないはずがありません!そして、胡椒を効かせる事で味がひきしまり、ワインとの相性をグッと引き立ててくれるのです♪

栗は皮をむくのは大変なので、むき栗でやってももちろん楽しめますが、 ホクホク感にこだわるなら、手間はかかっても生栗からすることをお勧めします(^^)v

夫婦で営むカジュアルフレンチ。 厳選した各国のワインとそれに寄り添う料理、心地よい空間。 経堂でホッと息のつける隠れ家です。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.