レンジで簡単!日本ワインと極上のマリアージュを味わえる「翡翠茄子と生ハムのマリネ」

早いもので今年も、もう9月。まだ暑い日もあったりしますが、店頭に並んでいる野菜や果物みると秋だな~と感じます。

実りの秋は、美味しいものが盛り沢山ですね。茄子も秋に美味しい食材の一つです。暑さが和らいだ時期の秋茄子は、旨み成分が増し美味しくなります。

茄子のお料理は和洋中と幅広く、色々なお料理を思い浮かべる方も多いと思います。今回は電子レンジ調理で簡単な、茄子の時短料理を日本ワインに合わせてご紹介します。

材料(2人分)

茄子 2本
A柚子こしょう 小さじ1/3
Aすだち絞り汁又は酢 小さじ1/2
A塩 少々
Aオリーブオイル 小さじ2

作り方

【1】茄子はヘタを取り、ピーラーで皮をむきます。

【2】茄子のまわりを水で濡らし、ラップで1本ずつラップに包み、電子レンジで600wで1分30秒~2分ほど加熱します。全体が柔らかくなったら、ラップで包んだまま冷まします。

【3】茄子を放射状に縦に長く切り、Aを絡めます。

【4】生ハムの上に茄子をのせ、手前から巻きます。

【5】生ハムを巻いてないものと合わせて盛り付け完成です。

合わせるワイン


JAPAN PREMIUMM 甲州

【タイプ】白辛口
【原産地】日本、山梨
【品種】甲州

淡いイエローな色合い、穏やかな柑橘系の爽やかな香り。ほどよい酸味、軽く心地よい味わい。寿司、天ぷら、鍋もの、焼き魚等、色々な和食と一緒に楽しめるワインです。

甲州は日本を代表する白ブドウ品種です。同じ甲州でも、シュールリーという製法で澱の旨み成分を抽出して独特な香りと味わいのもの、樽発酵・樽熟成させたリッチなものと幅広くあります。

こちらの甲州は軽い爽やかなタイプなので色々なお料理に合います。私も好きなワインの一つで、普段の和食と合わせて楽しんでいます。

これからの時期でしたら、秋刀魚の塩焼きや松茸の土瓶蒸しに、すだちを絞っていただくのもオススメです。甲州の柑橘系の香りや酸味に、すだちの酸味が寄り添い、より相性が良くなります。

最後に

茄子のマリネは、柚子こしょうでアクセントをつける事で、甲州との相性が更に良くなります。生ハムも味や見た目のアクセントになっていますが、輸入ものの生ハムより、国産のお手軽価格の生ハムのほうが、爽やかタイプの甲州には合います。

茄子の皮をむいて電子レンジ加熱することで、短時間で柔らかく、翡翠色に綺麗に仕上げる事ができます。茄子の美味しい時期、ぜひ作って日本のワインと一緒に楽しんでください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.