第一回ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン ソムリエコンクール2017開催

ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合は、在日フランス大使館にて、同生産者組合の公式ソムリエコンクールを開催します。日本での開催は、ベルギー、中国に続き3か国目になります。

ボルドーはフランスワインの代表格のひとつとして、日本ではすでに高い知名度を誇っており、生産者らは伝統に甘んじることなく、日々努力を重ねて進化を遂げています。中でもAOCボルドー、AOCボルドー・シュペリュールの生産者は、手ごろな価格でありながら“ボルドー”ブランドに相応しい高品質のワインを提供しています。

また、ボルドー=赤といった固定概念が強い中、同生産者は白やロゼ、クレレやクレマンといったボルドーならではの優れたワインを生産しています。

このコンクールは、そんなボルドーワインを日本の若手ソムリエの方々に改めて発見していただき、日本のワインファンへさまざまなボルドーワインをご紹介いただくことを目的としています。

そのため、予選当日には、日本ソムリエ協会常務理事・技術研究部長の森覚氏によるボルドーワイン講座を行い、コンクールでは日本語を使用言語として競っていただきます。こうした試みにより、日本国内を活躍の場としている多くのソムリエの方々にご参加いただけると考えております。

コンクール優勝者へは、認定ディプロムの他に、ボルドー旅行(航空券、宿泊、ワイナリーツアー込み)が授与されます。

募集期間 2017年9月20日(水)~10月31日(火)
セミナー予選

2017年11月17日(金)
セミナータイトル
「バラエティ豊かで、日常に親しみやすいボルドー地方のワイン」

講師 一般社団法人 日本ソムリエ協会常務理事・技術研究部長、森覚氏
決勝・表彰式 2017年12月7日(木)
会場 在日フランス大使館
 参加費 無料 ※交通費自己負担
優勝賞品 ボルドー旅行(航空券、宿泊、ワイナリーツアー込み)、認定ディプロム
※他、準優勝、3位まで商品授与予定ですが、詳細につきましては、9月下旬にコンクール公式ブログにてお知らせいたします。
 審査員 審査員長
森 覚氏(一般社団法人日本ソムリエ協会常務理事技術研究部長)
審査員
石田 博氏(一般社団法人日本ソムリエ協会副会長)
佐藤 陽一氏(一般社団法人日本ソムリエ協会理事)
岩田 渉氏(第8回全日本最優秀ソムリエコンクール優勝)
 出席者  ローラン・ピック 駐日フランス大使
主催 ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合
共催 在日フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス
後援 一般社団法人 日本ソムリエ協会
協賛 ANAフーズ株式会社、ベルジャポン株式会社、株式会社ビゴ東京、ダノンジャパン株式会社、トップ・トレーディング株式会社、UCC上島珈琲株式会社

 

TAGS

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.