第一回ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン ソムリエコンクール2017開催

ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合は、在日フランス大使館にて、同生産者組合の公式ソムリエコンクールを開催します。日本での開催は、ベルギー、中国に続き3か国目になります。

ボルドーはフランスワインの代表格のひとつとして、日本ではすでに高い知名度を誇っており、生産者らは伝統に甘んじることなく、日々努力を重ねて進化を遂げています。中でもAOCボルドー、AOCボルドー・シュペリュールの生産者は、手ごろな価格でありながら“ボルドー”ブランドに相応しい高品質のワインを提供しています。

また、ボルドー=赤といった固定概念が強い中、同生産者は白やロゼ、クレレやクレマンといったボルドーならではの優れたワインを生産しています。

このコンクールは、そんなボルドーワインを日本の若手ソムリエの方々に改めて発見していただき、日本のワインファンへさまざまなボルドーワインをご紹介いただくことを目的としています。

そのため、予選当日には、日本ソムリエ協会常務理事・技術研究部長の森覚氏によるボルドーワイン講座を行い、コンクールでは日本語を使用言語として競っていただきます。こうした試みにより、日本国内を活躍の場としている多くのソムリエの方々にご参加いただけると考えております。

コンクール優勝者へは、認定ディプロムの他に、ボルドー旅行(航空券、宿泊、ワイナリーツアー込み)が授与されます。

募集期間 2017年9月20日(水)~10月31日(火)
セミナー予選

2017年11月17日(金)
セミナータイトル
「バラエティ豊かで、日常に親しみやすいボルドー地方のワイン」

講師 一般社団法人 日本ソムリエ協会常務理事・技術研究部長、森覚氏
決勝・表彰式 2017年12月7日(木)
会場 在日フランス大使館
 参加費 無料 ※交通費自己負担
優勝賞品 ボルドー旅行(航空券、宿泊、ワイナリーツアー込み)、認定ディプロム
※他、準優勝、3位まで商品授与予定ですが、詳細につきましては、9月下旬にコンクール公式ブログにてお知らせいたします。
 審査員 審査員長
森 覚氏(一般社団法人日本ソムリエ協会常務理事技術研究部長)
審査員
石田 博氏(一般社団法人日本ソムリエ協会副会長)
佐藤 陽一氏(一般社団法人日本ソムリエ協会理事)
岩田 渉氏(第8回全日本最優秀ソムリエコンクール優勝)
 出席者  ローラン・ピック 駐日フランス大使
主催 ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合
共催 在日フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス
後援 一般社団法人 日本ソムリエ協会
協賛 ANAフーズ株式会社、ベルジャポン株式会社、株式会社ビゴ東京、ダノンジャパン株式会社、トップ・トレーディング株式会社、UCC上島珈琲株式会社

 

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.