メルシャン、東京ミッドタウンにて日本ワインのイベント開催!VRでワイナリー疑似体験も

日本のワインの魅力に迫るイベント「シャトー・メルシャン ハーベストフェスティバル in Tokyo」が10月6日(金)から、東京・六本木にある東京ミッドタウンで開催されました。

「シャトー・メルシャン ハーベストフェスティバル in Tokyo」とは、毎年、山梨県甲州市勝沼町にあるワイナリー「シャトー・メルシャン」で開催されていたイベントです。今年は日本ワインが誕生して140周年ということで、より多くの人に日本ワインを知ってもらうために東京で実施されることとなりました。

また、直営店であるシャトー・メルシャン トーキョーゲストバルでもハーベストフェスティバルを同時開催しており、マリアージュ体験やワインメーカーズセミナーが行われます。

イベントは、メルシャンのゼネラルマネージャーを務める松井さんの挨拶でスタートします。

挨拶の中には、2017年のブドウの状況の説明もありました。

「今年は梅雨明けから曇天の多い日があり、夏は雨に見舞われましたが、今のところ、非常に順調にきており、2017年のワインは赤も白も非常に期待が持てるので、期待して待っていて下さい」とおっしゃっていました。

続いて、マーケティング部神藤さんからは、今回のイベントテーマについて説明がありました。今回のイベントは「テイスティング・ニッポン(Tasting Nippon)」というテーマを掲げて、このプロジェクトを行ってきたそうです。

東京オリンピックに向けて、海外から日本が注目される中、日本の素晴らしさをワインだけはなく、食や文化までも楽しめる内容にしなければいけません。

普段のイベントは勝沼のシャトーメルシャンで開催されているので、今回はワイナリーごと東京を移動させよう!と、新たな取り組みとなったのが、ワイナリーが疑似体験できるVR体験コーナーです。

VRコンテンツの所要時間は約5分間。音声ガイダンスに従って、手元のダイヤルを回しながら、現地の風景などを360℃見渡すこともできます。コンテンツの途中には原料のブドウの試食もできます。

また、ワインを飲みながらVR体験してもいいですし、少しの間、列に並ぶようであればワインを持って並ぶことをお勧めします。

また、会場では、10枚綴りのチケット(1000円分)を購入し、200円~700円の価格でワインを楽しむことができます。

もちろん、気に入ったワインはその場で購入する事も可能です。

気になるおつまみは、ローストビールや生ハムはもちろん、チキンの和風トマト煮込や大人のポテトサラダなど、ひと手間加えたおつまみも揃っていました。

また、2017年のブドウで仕込んだ樽出しワインの無料配布など、日本のワインを知り、楽しめるイベントになっているので、ぜひ、東京ミッドタウンまで足を運んでみてはいかがでしょうか?

開催名 シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO
期間 2017年10月6日(金)、7日(土)、8日(日)
時間 10月6日(金)16:00~21:00
10月7日(土)、8日(日)12:00~21:00
会場

東京ミッドタウン
(東京都港区赤坂9-7-1 TEL:03-3475-3100)

シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル
(東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワーB1 TEL:03-6441-2230)

ホームページ http://www.chateaumercian.com

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.