ビギナー必見!もう迷わないワインリストの見方

はじめに

レストランで困るのがワイン選びですよね…。ソムリエが持ってきたワインリストを見ても、ワインの名前が原語表記で並んでいて、「どれを選んでいいのか分からない」と頭を悩ませた人も多いのではないでしょうか?

実は難しいと思われるワインリストも、見るべきポイントさえ知っていれば、スマートに注文する事ができるんです。今回は、ビギナー必見のワインリストの見方をご紹介します。

ワインリストに載っている情報は?

 

FORT Wine & Spiritsさん(@fort.ws)がシェアした投稿 -

ワインリストに書いている情報は、赤ワイン、白ワインの種別、ワインの名前(生産者)、ヴィンテージ(生産年)、価格です。

またワインリストは基本、赤ワインと白ワインは別々に、そして地域ごとに並べられています。地域の並び順としては、格が高い順に並ぶので、赤ワインであれば、ボルドー、ブルゴーニュ、その他のフランスのワイン、その他の国の赤ワインという順番が多いようです。

ただし、これはお店の取り扱うワインや得意な地域(生産国)によって異なる場合もあります。例えばカリフォルニア産のワインをメインに取り扱っているレストランであれば、カリフォルニア産のワインがリストの一番上に掲載されることが多いでしょう。

ワインリストのどこを見ればいいの?

まずは、どこの地域のワインが一番多いかを確認しましょう。

そうすることで、レストランが得意としている地域が見えてきます。その後は価格帯です。一番安いワインを選んでも構いませんが、できれば最も多い価格帯のワインの中から選ぶことをお薦めします。この最も多い価格帯の中に、レストランがお薦めのワインが隠れていたりします。

また、飲んでみたいワインや料理との相性、そして予算も含めてソムリエに相談するのも、レストランでの楽しみの1つにすることです。ここは恥ずかしがらずに、ソムリエと会話を交わすことで、知識と経験を学ぶことも大事という事を忘れないでください。

原語は覚えておこう

ワインリストはレストランによって様々です。日本語が併記されている場合もありますが、自分の好みのワインに関する原語(葡萄の品種や地域)は最低限知っておいた方が良いと思います。

赤ワインはRouge、白ワインはBlancと書かれている事が多いので、これだけは最低限覚えておいた方が良いでしょう。

おわりに

ワインを注文する際、慣れていなければ緊張すると思いますが、これを機に「お任せします」や「美味しいいワインを」という頼み方は卒業しましょう。

ワインを詳しく知らなくても、ポイントさえ押さえておけば、レストランでもスマートに注文できるので、今回ご紹介したポイントはぜひ押さえておいて下さい。

主婦の友社
好みのワインがパッと選べる うま得ワイン入門―味別リスト&マルチインデックスで250本紹介!
Amazonで見る
宝島社
まわりの人が笑顔になるワイン選び
Amazonで見る
フォレスト出版
男のためのハズさないワイン術 (フォレスト2545新書)
Amazonで見る

神奈川県生まれ。現在は東京を拠点に雑誌、Webメディア等の執筆活動中。20代後半からワインの楽しさに目覚め、ワインの楽しみ方も伝えています。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.