秋の食材が盛りだくさん!キノコとさつまいもの簡単パンキッシュのレシピ

朝晩の冷え込みが厳しくなると、温かい料理が恋しくなります。ワインも料理も秋冬に向けて衣替えの季節です。ワインのお供にも、オーブン料理や煮込み料理を取り入れて、身体の内側から温めてあげましょう!

そんな時にオススメな料理がフランスのキッシュです。キッシュはワインのお供にぴったりのメニューで、ランチやおやつなどにも良いですよ。キッシュは本来手間も時間もかかる料理ですが、今回はパンを使って簡単に作れるレシピにアレンジをしてみました。

材料(4人分)

バケット 1/4本

A 卵 1個

A 牛乳 100ml

A ナツメグ 適量

A 塩 ひとつまみ

A こしょう 少々

A 粉チーズ 大さじ1

さつまいも 1/2個

しめじ 1/2株

ベーコン 2枚

バター 10g

黒こしょう 適量

作り方

【1】 バゲットは1㎝角に切る。

【2】さつまいもは1㎝角に切り600wのレンジで1分加熱しておく。

【3】しめじは石突を除き小房に分ける。ベーコンは1cm角に切る。 

【4】Aを混ぜ合わせバゲットを加えてしみこませる。

【5】フライパンにバターを熱し、しめじとベーコンを炒める。

【6】グラタン皿に【4】と【5】を入れ平らにしたらチーズをかけ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼く(約3分)。

【7】お好みで黒こしょうを振ったら出来上がりです。

具材には旬真っ盛りのしめじと、さつまいもを取り入れました。ベーコンや粉チーズを加えると美味しさがさらにアップします。きのこは加熱すると水分が出ますが、旨味とともにパンが吸収してくれます。

パンはバゲットを使いましたが、他の種類でもかまいません。ブリオッシュを使うと濃厚になり、クロワッサンを使うと、パイのような風味がプラスされます。

合わせるワイン

キッシュはドイツとの国境近いフランスアルザス地方の料理です。郷土料理にはその土地のワインを合わせるのが、基本のマリアージュです。

すっきりとした酸味があり、ミネラル分も感じられるミュスカから成る白ワインもよく合いますし、寒くなるこれからの時期には、濃厚な香りと薔薇のような華やかな風味のゲヴェルツトラミネールが特にオススメです。 

最後に

卵液を滲み込ませたパンを、グラタン皿に入れて焼きあげる熱々のパンキッシュ。秋の旨味食材を加えて、ワインのお供に作ってみませんか。旬の食材を使った温かなお料理と、熟成感のあるワインを片手に秋の夜長を楽しんでいただきたいと思います。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.