チーズ好き必見!どうして穴あきチーズができるのか知っていますか?!

チーズの絵を描こうとすると、丸い穴がいくつか空いたチーズを書いてしまいますよね。ソフトやハード、穴が空いてないチーズが様々あるにも関わらず、穴あきチーズはチーズの代表的なデザインになっています。

今回はなぜ穴あきチーズができるのか、その理由に迫ってみたいと思います。

穴あきで有名なチーズ

エメンタール

“チーズの王様”と呼ばれ、チーズフォンデュに良く使われる「Emmental(エメンタール)」は、穴あきチーズの代名詞です。スイスのベルン北東部エメン峡谷付近が産地と言われています。

1つのホールが100kg前後あり、世界のさまざまな種類のチーズの中でも特に大きなチーズで、ホールで見ると迫力があります。直径1㎝よりも大きな穴があるので、カットする場所によっては穴が大きすぎて、バラバラになってしまうという難点もあります。

アッペンツェラー

ハーブを混ぜた塩水にチーズを浸して作られる「Appenzeller(アッペンツェラー)」も、穴あきで有名なチーズです。

エメンタールに比べると小さいですが、特徴的な穴が見かけられます。スイスのアッペンツェル地方が産地で、ラベルには州の紋章である2本足で歩くクマの絵が描かれているのが特徴的です。

熟成期間で味が変化することから、熟成3ヶ月は銀ラベル、5ヶ月は金ラベル、8ヶ月ものは黒ラベルとなり、パッケージですぐに熟成期間が見分けられるようになっています。

チーズの穴ができる要因

チーズの穴は眼に例えて「チーズアイ」と呼ばれます。そして、チーズアイができる要因として、最近では主に2つの説が有力とされています。

プロピオン酸の炭酸ガスが関係している?!

エメンタールは、温めたミルクに乳酸菌を加え、その後にレンネット(凝乳酵素)とプロピオン酸菌を加えて作ります。プロピオン酸のバクテリアを利用する場合、長期間に渡って熟成をする際に炭酸ガスが発生し、気泡が固まってチーズアイができる、というのが1つ目の仮説です。

 

干し草の微粒子が関係している?!

2つ目の仮説は、乳しぼりの際に、容器や牛乳に入り込んだ干し草の微粒子を核として、ガス溜まりができるというものです。しかし、最近ではチーズ製造の衛生面が上がり、干し草の微粒子が容器や牛乳に入り込むことが減ったため、チーズアイも減っていると言われています。

まとめ

いかがでしたか?どちらの仮説ともに、チーズを作る際の発酵時に出てくるガスが、チーズアイの要因と言われていますね。どこに穴ができるか、何を核にするのかは、職人さんの動きやバクテリアの気分次第ですね。

将来的に発酵時のガスを制御して、一定の大きさや間隔で穴を空けられることができたら凄いですね。とはいえ野菜などと同じく、自然にできた形状や、伝統的な作り方を楽しみたい気もします。

岐阜出身。2013年在学中にGnR代表に就任。2015年慶応義塾大学・理工学部卒。学生時代、オランダから来たベジタリアンの留学生Miekeと出会い、彼女の実家のオーガニック牧場のチーズ輸入をスタート。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.