常時80種類のナチュラルチーズが揃う、宇都宮のFromagerie Filに行ってきました!

2017年9月に宇都宮でOPENした素敵なチーズショップFromagerie Fil(フロマージュリー・フィル)さんへ伺ってきました。

宇都宮という場所でオープンした経緯

20歳で地元の栃木を離れたオーナーのふじこさんは、あるチーズの師匠との出会いをきっかけにナチュラルチーズの深い世界にどっぷり浸かります。

「こんなに美味しいチーズがあるんだ」という感動を、自分の中だけには留めておけませんでした。チーズ生産者さんの想いや関わる全てのことを、美味しいチーズと共に、たくさんの方に届けたいという想いが強まり、独立を決心しました。

また、他県に出たからこそ地元の良さを思い知る機会も多く、地方が元気をなくしかけている今だからこそ、地元を活性する役にも立ちたいという想いから、地元栃木の中心地である宇都宮で開業準備を始めました。

Fromagerie Filのこだわり

チーズは常時80種類ほど揃っています。知識豊富でチーズオタクな店主の解説付きで、小さい単位からカット売りしてくださいます。

店主のチーズ管理に加え、特注のチーズセラーで状態の良いものを提供している点も美味しいチーズに巡り合えるポイントですね。

店内ではカウンターやテーブル席も用意され、ラクレットなどのチーズ料理や、チーズやハムの盛り合わせなど、店内のチーズをお酒と一緒に味わうことができます。 
栃木県内ではまだ食べられるお店が少ない中、Fromagerie Filさんで用意されているラクレットオーブンは、日本製の最新型を採用しています。本場さながらの美味しさを楽しめます。

夜からオープンのレストランなども多い中、お昼からも数量限定でラクレットが食べられる点も、地域の方々に愛されているようです。

オススメしたいチーズ

輸入のナチュラルチーズは種類が豊富で、オーナー自身が美味しいと思ったチーズがラインナップしています。

栃木県のお店ということで、那須高原にあるチーズ工房のチーズは、特別な思いで揃えられています。

実は本州一の乳量を誇る栃木県ですが、チーズ工房はまだまだ少ないです。しかし、那須高原には小規模ながら世界にも通用するようなチーズを作っている工房ばかり。

Fromagerie Filさんでは、そういったチーズを切らさないで扱うことが、地元の活性に繋がるとこだわりを持っています。那須高原のチーズ工房で代表的な工房は、こちらの3つです。

・那須高原今牧場チーズ工房
https://www.cheesekobo.com

・あまたにチーズ工房
http://www.sumishiro.com/

・那須の森チーズ工房

https://www.facebook.com/cheesenasunomori/

Fromagerie  Filさんでは、この3工房のチーズに加え、「森林ノ牧場」のソフトクリームと乳製品も食べることができます。チーズだけではなく、素晴らしい乳製品の魅力が、作り立てのソフトクリームと共に広がりそうですね。

・森林ノ牧場

http://www.shinrinno.jp/

Fromagerie Filさんは、正式オープン前の準備期間から地域の人にも歓迎され、現在では明るくてチーズの愛がとっても深い、オーナーのふじこさんに会いに、他県からも沢山の方が来店し、毎日にぎわっています。

ぜひ世界のチーズや、那須高原のチーズトークを楽しみながら、チーズと一緒にワインや栃木の地酒を味わってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名:Fromagerie  Fil(フロマージュリー・フィル)

業態:ナチュラルチーズ専門店

営業時間:11時〜19時

住所:栃木県宇都宮市馬場通り4-2-11 第一ビル東

TEL:028-612-4837

FAX:028-612-4838

火曜定休

Facebookページはこちら

岐阜出身。2013年在学中にGnR代表に就任。2015年慶応義塾大学・理工学部卒。学生時代、オランダから来たベジタリアンの留学生Miekeと出会い、彼女の実家のオーガニック牧場のチーズ輸入をスタート。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.