ボジョレー・ヌーヴォーに使われているガメイ種の特徴とボジョレー地区

11月の第3木曜日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日です。もちろん、フランスでもお祭り騒ぎになりますが、日本でも一年で最もワインが飲まれるほど盛り上がります。普段ワインを飲まない人も、飲んでみようという気になるのがこの時期ではないでしょうか。

そんなボジョレー・ヌーヴォーにはガメイという黒ブドウの品種が使用されています。今回はそのガメイの特徴や多く栽培されているボジョレー地区についてご紹介します。

ガメイとボジョレー・ヌーヴォー

 

ボジョレー・ヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方最南部にあるボジョレー地方の新酒のことです。ボジョレー・ヌーボーは、ワイン法でガメイしか使用が認められていません。

ブドウを二酸化炭素が充満したタンクに入れて蓋をした後、2~3日浸漬することにより色や香りを抽出してワインに仕上げる「マセラシオン・カルボニック法(MC法)」で造られています。

このためにイチゴキャンディーやバナナなどの独特な香りを持つワインが生まれます。ちなみにMC法で造られたワインはガメイが使われていなくても同じような風味を持つことが特徴的です。

一方で新酒ではないボジョレーにもガメイが使われています。MC法でつくられていないボジョレーはラズベリーやイチゴなどの果実味や、すみれやバラといった花の香りが特徴的なワインです。

同じブルゴーニュ地方の赤ワインは、ピノ・ノワールが使用されたものが多いのですが、それに比べてもっと軽快な味わいでミネラルや酸味と言ったエッジが強いことも特徴のひとつです。

それゆえに好き嫌いが別れることが多いようですが、ヌーボーをつくっていない最良の土地を持つ10個の村である「クリュ・デュ・ボジョレー」のワインを飲んだら、滑らかで良質なピノ・ノワールに思えるような上品な味わいに驚く人は多いようです。

その他のヌーボー(新酒)

フランスの新酒はボジョレー・ヌーボーしかないと思われがちですが、フランスでは、新酒のことを「ヴァン・ド・プリムール」と呼ばれ、実は20種類(AOC)の新酒がつくられています。

ボジョレーでは赤ワインとロゼワインのヌーボーがつくられていますが、例えばお隣のマコネ地区ではシャルドネを使った白の新酒が、もっと北のロワール地方のトゥーレーヌでは同じようにガメイが使用された赤ワインとロゼワインの新酒がつくられています。

また、ラングドック・ルーション地方にはピノ・ノワールが使用された新酒も。これは個人的にとても好きで、柔らかい果実味や土の香り、紅茶の香りなどを楽しむことができます。

好きだという人と、ちょっと苦手だという人が分かれるガメイを使ったワイン。お勧めはクリュ・デュ・ボジョレーの村であるムーラン・ア・ヴァンの「シャトー・デ・ジャック」です。

タンニンが少ないとは思えない重厚でグラマラス、さらにスパイシーな風味と味わい。バラやブラックベリーなどの熟した果実味を感じ、長い余韻はうっとりするほどです。ぜひヌーボーと一緒に飲み比べて楽しんでみてくださいね。

お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、知識を深め、ワインエキスパートの資格を取得。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.