混ぜるだけの簡単おつまみ!作り置きもできる「やみつき酒粕チーズ」

ワインの美味しい季節になりました。これから年末にかけて忘年会やクリスマスなどのイベントで、ホームパーティーを開く人もいるでしょう。そんな時は簡単に作り置きできる、おつまみがあると便利です。

そこで、今回は混ぜるだけで簡単に作り置きできるおつまみ、「酒粕チーズ2種」をご紹介します。簡単で身体にも優しい酒粕を使ったおつまみです。

酒粕を料理に使い余った時に作っていただくと無駄なく、気のきいた一品にもなります。

材料 作りやすい分量

酒粕チーズ(フルーツナッツ)

酒粕 50g

クリームチーズ 20g程

ハチミツ 20g

ドライフルーツ(細かいもの) 25g程

ミックスナッツ 20g程

 

ゆずジャム

酒粕 50g

クリームチーズ 20g

ゆずジャム 40g

【1】 ボウルに酒粕、クリームチーズ、ハチミツを入れよく混ぜます。※板粕は少し硬いので、電子レンジに30秒程かけて柔らかくして使用します。

【2】 粗めに砕いたナッツとドライフルーツを混ぜます。

 

【3】ラップで形を棒状に整え、冷凍庫で冷やし完成です。

※ゆずジャム酒粕チーズも同じように材料すべて混ぜて作ります。

酒粕チーズは食べやすい大きさに切り、今回はさつま芋のみりん煮の上にのせました。

さつま芋のみりん煮

 

7mm幅に切ったさつま芋に、ひたひたのみりんを入れて蓋をして、さつま芋が柔らかくなるまで蒸し煮にします。

※汁気がなく焦げそうでしたら水かみりんを足して柔らかくなるまで蒸し煮をしてください。

フルーツナッツ

ゆずジャム

合わせるワイン

日本のあわ 勝沼甲州

タイプ:白 スパークリングワイン 辛口

原産地日本 

品種甲州

和の柑橘系の香りと、ほんのり梨のような優しいフルーティーな香り、爽やかな酸味で心地よい泡で色々なお料理に合わせられるスパークリングワインです。

甲州の程よい甘味と優しい酸味、後味に少しだけ苦みも感じ上品な味わいで、特に日本料理に相性が良いです。お刺身や、お鍋、ポン酢を使用した料理と楽しみたいワインです。

同じ日本のあわシリーズで、穂坂マスカットベーリーA、長野メルロー、長野シャルドネ等もあります。品種によっての味わいの違いもあるので、飲み比べしてみるのも楽しいですね。

メルシャン
メルシャン 日本のあわ 勝沼甲州 720ml [日本/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る
メルシャン
メルシャン 日本のあわ 穂坂マスカット・ベーリーA 720ml [日本/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る
メルシャン
メルシャン 日本のあわ 長野メルロー 720ml [日本/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る
メルシャン
メルシャン 日本のあわ 長野シャルドネ 720ml [日本/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

酒粕チーズはそのまま召し上がっていただいても美味しいのですが、合わせる食材をどうしようかな~としばらく考え試し、相性の良い食材を見つける事ができました。それがさつま芋でした。

バケットの薄切りにのせても良いですが、ほっくり少し甘味のあるさつま芋と合います。焼き芋を崩して酒粕チーズをのせても美味しいですよ。さつま芋と酒粕チーズ、今回合わせたワインとの相性もとっても良かったです。

酒粕は日本酒のもろみを圧搾した後の残存物で、甘酒、粕漬けなどに利用されます。日本ならではの食材を使用した料理は、日本ワインとの相性も良いです。

酒粕は栄養的にもすぐれていて、便秘解消、美肌効果、疲労回復、肝機能を高めたりと身体にうれしい食材です。これから色々忙しく肝臓も疲れ気味の時期、作り置きできて、体にも優しい酒粕チーズを作ってみてください。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。日本ソムリエ協会認定ソムリエ、利き酒師、栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.