好きなワインを気軽にBYO!新感覚のワインショップ「WINE LIST」をオープン

2017年11月7日、東京・新橋に新しいスタイルのワインショップ「WINE LIST」がオープンしました。

シェアリングエコノミーが急拡大する中、近隣の飲食店がワインセラーとしても利用できるワインショップが「WINE LIST」です。

「WINE LIST」は、挙式・披露宴の企画・運営事業を展開する株式会社エスクリが運営。結婚式でコストパフォーマンスの高いワインを提供しているノウハウを活かし、質の高いワインを世界各国から直接買い付けて、「WINE LIST」で販売していきます。

都内屈指の飲食店が密集する新橋エリアに一号店が出店。その敷地面積はわずか0.8坪と小さなワインショップです。一般の方へのワイン販売はもちろん、近隣の飲食店へのワインの販売、配達も行っています。

ワインを飲む人の悩みとして、レストランやバルに行っても、「自分が飲みたいワインがない」、「自分好みのワインを持って持ち込めたい」という悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

オーストラリアのレストランでは、「BYO」という言葉を当たり前のように耳にします。

 

「BYO」とはBring Your Own (wine)の略で、自分のワインをレストランに持ち込むこと。オーストラリアでは、アルコールを扱うライセンスの取得が厳しかったため、お客様にお酒を持ち込んでもらうシステムができました。そのため、当たり前のようにお客様がレストランに自分のお気に入りの1本を持ち込むことができるのです。

このBYOの文化を日本にも広げていきたいと、「WINE LIST」では販売しているワインを加盟店に持ち込むことができます。もちろん持ち込み料金はかかりますが、これにはお店のグラスを使わせてもらう使用料なども含まれています。

 

取り扱っているワインは、9種類の日本未入荷のオーストラリアワインを含む約40種類を取り扱っています。オーストラリアワインといえば、熟成させずに飲むスタイルのワインが殆どですが、取り扱っているものの中には、2011年のヴィンテージのメルローであったり、オーストラリア産テンプラリーニョを使用したワインなど、個性溢れるラインナップ。

中でもレスベラトロール(ポリフェノール)が通常の50倍もあるワインまで販売されていて、1日1杯のワインが健康にしてくれるような逸品も。

ワインセラーをシェアするという、画期的なスタイルのワインショップ「WINE LIST」。今後は大阪店に2号店を出す予定だそうで、ワイン業界を更に盛り上げていってくれそうです。

店名 WINE LIST(ワインリスト)
住所 東京都港区新橋3-9-3
TEL 070-1538-1725(担当 齊藤)
  070-5569-0434(店舗直通)
営業時間 17:00 ~ 23:00(土日祝日・年末年始は定休)

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.