材料は2つだけ!悪魔の誘惑再び「悪魔の肉巻きパン」のレシピ

昨年SNSで話題になった「悪魔トースト」をご存じですか?食パンにとけるチーズをのせ、砂糖をたっぷりまぶして焼いた、悪魔のレシピこと「チーズシュガートースト」。とろりと溶けたチーズに、カリカリとカラメル状になった砂糖が絡まり、悪魔級のおいしさ。ハイカロリーなのに何度も食べたくなってしまう罪深さから、悪魔トーストと呼ばれました。

そして再び、悪魔のメニューの登場です。材料はなんと2つだけ!レシピを見なくても作れちゃいそうな簡単3ステップの、肉巻きスティックパンをご紹介します。

そもそものきっかけは、宮崎県名物の肉巻おにぎり棒でした。きりたんぽのように棒に付けたおにぎりに、お肉をクルクル巻いて焼いた、インパクト大のお料理。ワンハンドで何ともバランスが良く、私にとっては手軽で美味しいストック夜飯の代表選手です。唯一の難点は、ワインのお供には難しいこと。そこで誕生したのが、ごはんをパンにチェンジした「肉巻きスティックパン」でした。

豚肉がこんがり焼けてツヤツヤなそのビジュアル、脂が染み込んでカリっと香ばしくなったパンは、無条件にテンションアップ!今宵はワインと肉巻きパンで、悪魔の誘惑に乗ってしまいましょう。

材料:1人分

フランスパン 1/4本(または食パン1枚)
豚肉バラ薄切り 4枚(70~80g)
塩・コショウ 各少々

【1】パンは1~2cm幅のスティック状にカットします。今回はフランスパンを使いましたが、食パンでも同様に作れます。お肉感をしっかり感じたい時は8枚切り、バランス重視の時は6~4枚切りを選んでください。

【2】【1】に豚肉を端からクルクル巻きます。豚肉は加熱すると縮むので、ギュウギュウに巻くのはNG。力を入れず、優しく巻き付けていきます。巻き終わったら全体に塩コショウ少々をふります。

【3】フライパンに【2】の巻き終わりを下にして置き、中火で加熱。豚バラを焼くと脂がたっぷり出てくるので、オイルは使わずに焼きます。巻き終わりが焼き固まったら菜箸で転がしながら焼き、全体にこんがり焼き色がついたら出来上がりです。

仕上げに粉チーズをかけてもいいですね。私はハチミツをかけるのがお気に入りです。豚肉はロースやこま切れではなく、適度な脂のある豚バラが、絶品!噛んだ時にジュワッと出る豚肉の甘い脂をワインが包みこんで、幸せな余韻を作り出してくれます。

豚肉の脂は、ちょっとバターっぽいニュアンスがあります。赤ワインとも相性が良いですが、実際に合わせてみたところ、バターに合う飲みごたえのある白ワインが抜群でした。果実味華やかなタイプより、樽香のしっかりしたタイプがオススメです。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.