材料は2つだけ!悪魔の誘惑再び「悪魔の肉巻きパン」のレシピ

昨年SNSで話題になった「悪魔トースト」をご存じですか?食パンにとけるチーズをのせ、砂糖をたっぷりまぶして焼いた、悪魔のレシピこと「チーズシュガートースト」。とろりと溶けたチーズに、カリカリとカラメル状になった砂糖が絡まり、悪魔級のおいしさ。ハイカロリーなのに何度も食べたくなってしまう罪深さから、悪魔トーストと呼ばれました。

そして再び、悪魔のメニューの登場です。材料はなんと2つだけ!レシピを見なくても作れちゃいそうな簡単3ステップの、肉巻きスティックパンをご紹介します。

そもそものきっかけは、宮崎県名物の肉巻おにぎり棒でした。きりたんぽのように棒に付けたおにぎりに、お肉をクルクル巻いて焼いた、インパクト大のお料理。ワンハンドで何ともバランスが良く、私にとっては手軽で美味しいストック夜飯の代表選手です。唯一の難点は、ワインのお供には難しいこと。そこで誕生したのが、ごはんをパンにチェンジした「肉巻きスティックパン」でした。

豚肉がこんがり焼けてツヤツヤなそのビジュアル、脂が染み込んでカリっと香ばしくなったパンは、無条件にテンションアップ!今宵はワインと肉巻きパンで、悪魔の誘惑に乗ってしまいましょう。

材料:1人分

フランスパン 1/4本(または食パン1枚)
豚肉バラ薄切り 4枚(70~80g)
塩・コショウ 各少々

【1】パンは1~2cm幅のスティック状にカットします。今回はフランスパンを使いましたが、食パンでも同様に作れます。お肉感をしっかり感じたい時は8枚切り、バランス重視の時は6~4枚切りを選んでください。

【2】【1】に豚肉を端からクルクル巻きます。豚肉は加熱すると縮むので、ギュウギュウに巻くのはNG。力を入れず、優しく巻き付けていきます。巻き終わったら全体に塩コショウ少々をふります。

【3】フライパンに【2】の巻き終わりを下にして置き、中火で加熱。豚バラを焼くと脂がたっぷり出てくるので、オイルは使わずに焼きます。巻き終わりが焼き固まったら菜箸で転がしながら焼き、全体にこんがり焼き色がついたら出来上がりです。

仕上げに粉チーズをかけてもいいですね。私はハチミツをかけるのがお気に入りです。豚肉はロースやこま切れではなく、適度な脂のある豚バラが、絶品!噛んだ時にジュワッと出る豚肉の甘い脂をワインが包みこんで、幸せな余韻を作り出してくれます。

豚肉の脂は、ちょっとバターっぽいニュアンスがあります。赤ワインとも相性が良いですが、実際に合わせてみたところ、バターに合う飲みごたえのある白ワインが抜群でした。果実味華やかなタイプより、樽香のしっかりしたタイプがオススメです。

ホームページ | ブログ | instagram
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.