第11回ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストが開催!上位4つのチーズを紹介

第11回ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストが、2017年10月31日(火)、11月1日(水)に東京飯田橋にある、ホテルメトロポリタンエドモントにて開催されました。

外国から沢山のチーズが輸入される中、日本人の嗜好にあったチーズの製造や、日本の気候風土にあった独自の「ナチュラルチーズ」文化を創造し、専門家によるアドバイス及びユーザーからの意見等を聞くことで、今後の製造技術向上や生乳需要拡大を図る国産チーズの一大イベントです。

今年は73社の161作品に及ぶチーズが出品され、専門家が外観や色調、組織、風味について「3次審査」まで行い、最終審査で上位4作品が選ばれました。

上位入賞をした4つのチーズはこちら!

国産のナチュラルチーズをフレッシュ、パスタフィラータ、ソフト、白カビ、ウォッシュ、シェーヴル、青カビ、ハード系(熟成3カ月未満、熟成6カ月未満、熟成6カ月以上)など10部門に分けられ審査されました。

農林水産大臣賞 ソフト部門

受賞作品名:竹炭 濃厚熟成

受賞者名:チーズ工房【千】sen 

都道府県:千葉県

公式サイトはこちら

表面に日本らしい竹炭を用いた、牛乳の酸凝固タイプのチーズです。

塩気を感じやすく、熟成が進むと香りが増して舌触りの滑らかな個性的なチーズになります。日本酒と合わせることがオススメです。2016年にはJapan Cheese Awardで銀賞を受賞していて、年々レベルアップしているチーズです。

中央酪農会議会長賞 青カビ部門

受賞作品名:ジャパンブルーおこっぺ

受賞者名:(有)冨田ファーム 

都道府県:北海道

公式サイトはこちら

鮮やかな山吹き色の青かびチーズは見た目も華やかで食卓を彩ります。濃厚でねっとりした味わいに、国産の個性的な赤ワインと合わせてみてみてはいかがでしょうか。

農畜産業振興機構理事長賞 ハード熟成(6ヵ月以上)部門

受賞作品名:二世古 椛[momiji]

受賞者名:ニセコチーズ工房(有)
都道府県:北海道

 

公式サイトはこちら

鮮やかなオレンジ色が目を惹くハードチーズは、クセが少なく料理からおつまみに幅広く使えます。

JAL国際線ファーストクラス機内食「日本のチーズセレクション」にて提供されたこともあり、日本酒やビール、ワインでは辛口の白~軽めの赤などに合わせるのがオススメです。

審査員特別賞 ハード(熟成3ヵ月未満)部門

受賞作品名:コハク・クミン

受賞者名:TAK 

都道府県:福岡県

公式サイトはこちら

低脂肪でスッキリとした口当たりに、クミンシードの風味が良いアクセントになるこちらのハードチーズは、リネンス菌由来の外皮は乾燥しています。料理で使用する際に加熱すると、クミンの香りが引き立ち、一層楽しめます。

最後に

上位4作品以外にも、北海道から九州にかけて「金賞」や「優秀賞チーズ」も魅力的なものが沢山ありますので、ぜひ全国のチーズを巡ってみませんか?こちら結果資料から見ることができます。

第11回ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト 受賞リスト

主催:一般社団法人 中央酪農会議
後援:農林水産省、独立行政法人 農畜産業振興機構、公益財団法人 日本乳業技術協会、一般社団法人日本乳業協会、般社団法人 Jミルク、NPO法人チーズプロフェッショナル協会

第11回コンテストページ

受賞作品リストはこちら

岐阜出身。2013年在学中にGnR代表に就任。2015年慶応義塾大学・理工学部卒。学生時代、オランダから来たベジタリアンの留学生Miekeと出会い、彼女の実家のオーガニック牧場のチーズ輸入をスタート。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.