余ったおせち料理をおいしく変身♪黒豆クリームのカナッペ

お正月用に用意したおせち、冷蔵庫にちょっとだけ余ってませんか?賞味期限が切れてしまう前に、美味しくリメイクしちゃいましょう!

煮しめや海老の旨煮・柚庵焼きなど、おせちに一番多い甘辛い味つけの物は、シンプルに混ぜご飯にしたり、レタスにのせてマヨネーズをかけたり、ホワイトソースに加えてグラタンにしたり。蒲鉾やなるとは、おでんや鍋、野菜炒めに。なますや甘酢は、唐揚げや焼き鮭にのせれば南蛮漬け風に楽しめます。

さてさて、本日の主役はおせちの中でも特に残りがちな「黒豆」。スイーツではありませんよ~、ワインのおつまみにしちゃいましょう。

黒豆に混ぜるのはクリームチーズ、異色な組み合わせですが、これが驚く程相性抜群!クラッカーにのせて、ほんのちょっとのお塩。この「ほんのちょっとのお塩」がポイント。今すぐワインをあけたくなっちゃう、即席おつまみに早変わり♪

材料:作りやすい分量


[難易度] ★☆☆
[調理時間] 5分
黒豆 30g
クリームチーズ 30g
粗塩(なければ塩) 少々

作り方


【1】黒豆はフォークの背を使って潰します。食感を楽しみたいなら粗く、なめらかにしたい場合はしっかり。









【2】クリームチーズをよく練り、1に混ぜます。温度が低いと練りにくいので、冷蔵庫から出して時間を置くか、電子レンジで10秒ほど加熱すると簡単。








【3】粗塩をふり、お好みでクラッカーやパンを添えて完成。









クリームチーズは和風を洋風に引き寄せてくれる万能選手。甘みも和らげてくれるので、お食事中やお酒のお供にも馴染んでくれます。

合わせるワイン


ASDA Selection Chilean Merlot
[分類] 赤
[生産] チリ
[品種] メルロー

メルローの特徴である酸とタンニンのバランスが良く、ふくよかな果実味…という雰囲気もよく出ていて、ちゃんと濃い。これ、最強の580円!値段を知らずにいただいたら十分騙されちゃう、驚きのクオリティー。

飲みごたえはしっかりながら、極端な個性はないので合せる料理の幅は広い印象。プロセスチーズやロースハム、缶つま、サンドイッチなどコンビニ物とも相性◎。手で簡単に開けられるスクリューキャップというのも、家呑みには嬉しい要素ですね。

今回のお料理と合わせると、黒豆の甘みに心地よい酸味、やわらかくて少しビターな深みを与え、ちょっと面白いケミストリー。スイーツの趣を出しつつ、前菜、酒のつまみとしても楽しませてくれます。

単独でちょっと飲んでから、合わせて飲む。インパクトから深み、そしてクリアへ、ワインの味の変化を楽しめる組み合わせです。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.